MENU

ニュース

生成AIに仕事を奪われると思う職業1位は「財務会計」、奪われないと思う職業1位は?

  • URLをコピーしました!

クロス・マーケティングは2023年5月30日、生成AIに関する調査結果を発表しました。全国の20歳から69歳の男女7532人を対象に、生成AIの認知度や利用状況、AIにとって代わられる/代わられない職業などを聞きました。

 生成AIの認知を聞いた結果が図1です。全体と年代別で結果をまとめています。なお、AIを知っている人を対象に聞いた結果となります。
図1:生成AIの認知度

図1:生成AIの認知度

 生成AIの認知率は82%で、年代による大きな差は見られませんでした。理解率(人に説明できる+内容をそれなりに知っている)は19%で、20~30代の理解率は他年代より高く、2割半ばでした。

AIに仕事を奪われるであろう職業、奪われないと思う職業を聞いた結果が図2と図3です。なお、生成AIを知っている人を対象に聞いた結果となります。

図2:AIによる職業代替(とって代わられる職業)

図2:AIによる職業代替(とって代わられる職業)

図3:AIによる職業代替(とって代わられない職業)

図3:AIによる職業代替(とって代わられない職業)

 31の職業を提示し、AIにとって代わられる職業と、これからもとって代わられない職業を聞きました。とって代わられると思う職業の上位は「財務・会計・経理」「一般小売店の定員」が2割台で、「データサイエンティスト」「運転手」「システム・サイト保守運用」が続きます。

一方、とって代わられないと思う職業は、「農業・漁師」「医者・看護師・歯科衛生士」で2割台で多く、「介護士」や「カウンセラー」が続きます。

生成AIサービスの認知度と利用状況を聞いた結果が図4です。

図4:生成AIサービスの認知・利用状況

図4:生成AIサービスの認知・利用状況

 認知度がもっとも高いのは「ChatGPT」で、認知率は78%でした、利用経験はも39%と。他のサービスよりも突出して高い値となっています。なお、2位は「Bing AI」、3位は「Bard」でした。

生成AIサービス別の認知度と利用構成を聞いた結果が図5です。

図5:生成AIサービス別認知・利用構成

図5:生成AIサービス別認知・利用構成

 「ChatGPT」の認知・利用の構成を確認したところ、「現在主に利用している」は27%でした。2022年11月公開から半年あまりで3割近くまで増えていることが分かります。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる