• TOP
  • ニュース
  • 資格・スキルへの興味、大学1年生が他学年より2倍高い割合に/ペンマーク調べ - DXマガジン

ニュース

2022.12.28

資格・スキルへの興味、大学1年生が他学年より2倍高い割合に/ペンマーク調べ

ペンマークは2022年12月8日、資格やスキルに関する調査結果を発表しました。同社が大学生向けに提供するサービスを利用する大学生22万9617人を対象に、興味ある資格やスキルを聞いています。

 興味ある資格・スキルを聞いた結果が図1です。
図1:興味ある資格・スキルを教えてください(複数回答)

図1:興味ある資格・スキルを教えてください(複数回答)

 「TOEIC・TOEFL・英検」がもっとも多く36.2%でした。2位は「IT・プログラミング」(27.3%)、3位は「簿記・会計・税務」(26.9%)でした。

 学年別に興味ある資格・スキルを聞いた結果が図2です。
図2:【学年別】興味ある資格・スキルを教えてください(...

図2:【学年別】興味ある資格・スキルを教えてください(複数回答)

 「TOEIC・TOEFL・英検」は1年生の割合が35.0%でもっとも多く、他の資格・スキルも1年生の興味が高いことが窺えます。「IT・プログラミング」の場合、1年生の割合は26.1%、2年生の割合は13.5%、3年生の割合は13.2%、4年生の割合は14.9%でした。

 文系と理系で興味ある資格・スキルの違いがあるのか。文系・理系別の結果が図3です。
図3:【文系・理系】興味ある資格・スキルを教えてくださ...

図3:【文系・理系】興味ある資格・スキルを教えてください(複数回答)

 「TOEIC・TOEFL・英検」の場合、文系理系とも6割以上の学生がもっとも強い興味を示しています。「IT・プログラミング」の場合、理系が33.3%だったのに対し文系は27.1%にとどまります。

 文系学生の2位が「IT・プログラミング」で、「英会話・外国語会話」より上位に入りました。学生のプログラミングスキルへの関心の高まりを窺い知ることができます。

 なお、日本経済団体連合会が2022年1月18日に発表した調査結果「採用と大学改革への期待に関するアンケート結果」によると、企業が重視する学修経験は、「大学での学修履歴」が83.8%でもっとも高く、「課外活動」が79.3%で続きます。「取得した資格」は7.2%にとどまります。
図4:最も重視する学生の学修経験

図4:最も重視する学生の学修経験

 調査を実施したペンマークは、就職活動を視野に入れた学生生活には、格やスキルの習得以上に、大学の課題やテストの成績、課外活動などに注力する必要があると分析します。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
13 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る