• TOP
  • ニュース
  • 北國銀行、勘定系システムをパブリッククラウドで稼働開始 - DXマガジン

ニュース

2021.05.07

北國銀行、勘定系システムをパブリッククラウドで稼働開始

北國銀行は勘定系システム「BankVision」をパブリッククラウド上で稼働開始しました。導入を支援した日本ユニシスが2021年5月6日、発表しました。フルバンキングシステムをパブリッククラウドを使って稼働させる事例は国内初だといいます。システムは2021年5月3日に稼働を開始しました。

 北國銀行が採用したパブリッククラウドは、マイクロソフトの「Microsoft Azure」。北國銀行では自行システムをすべてパブリッククラウドで運用する方針を打ち出しており、今回稼働した「BankVision」もその一環でパブリッククラウドを採用しました。

 オープンAPI「Resonatex」を使い、周辺システムやサービスを容易に接続できるのが特徴です。各種サービスと連携しやすくすることで、今後の金融サービスの高度化、多様化に柔軟に対応できるようにします。

 さらに、蓄積するデータを収集・分析することも可能です。勘定系システムをはじめとする各種データをクラウド上に蓄積し、分析結果をもとに新たなサービスの創出も見込めます。

 北國銀行と日本ユニシスは今後、Azure上でデータを収集・蓄積する「Data Lake」をはじめとしたデータ活用プラットフォームの構築を進める予定です。データを活用して新たな価値、サービスを創出できるようにし、銀行や地域データをを活用した地域エコシステムの実現を目指す考えです。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る