• TOP
  • ニュース
  • 三井不動産、自社のDXの取り組みをまとめた「2020 DX白書」を公開 - DXマガジン

ニュース

2021.02.10

三井不動産、自社のDXの取り組みをまとめた「2020 DX白書」を公開

三井不動産は2021年2月10日、自社のDXの取り組みなどをまとめた「2020 DX白書」を公開しました。グループが掲げる方針、推進体制、事例などを紹介しています。PDFファイルとして公開され、誰でもファイルをダウンロードできます。

DXを促進させるサービス提供や組織づくりを進める

 「2020 DX白書」では、顧客満足度向上・社会課題の解決を目指す「事業変革」、生産性・従業員満足度向上のための「働き方改革」、これらを実現するために整備すべき「推進基盤」といった領域別に、注力テーマや推進事例をまとめています。

 例えば「事業変革」の場合、2017年から展開する多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」の推進事例を取り上げています。2020年12月からは個室特化型サテライトオフィス「ワークスタイリングSOLO」も提供するなど、オフィスで働くことにとらわれない働き方を訴求しています。

 自社におけるDXの推進体制にも触れています。2020年4月にはDX本部を設けたほか、データサイエンティストやAI/IoTのエンジニアなどを積極的に採用するなど、組織の強化にも取り組んでいます。

 また、事業部やグループ会社、社外のパートナー企業との共創も進めています。具体的には、スタートアップとの連携を目的とするベンチャー共創事業部、エコシステムを創出するライフサイエンス・イノベーション推進部、不動産テックの新規事業創出を目的としたビジネスイノベーション推進部、アカデミアとの連携を目的とした産学連携推進部の5部門の共創による推進体制を打ち出しています。

「事業変革」「働き方改革」「推進基盤」の取り組みをまとめた経営方針も

 そのほか、三井不動産グループが策定した長期経営方針「VISION 2025」も紹介しています。「街づくりを通して持続可能な社会の構築を実現」「テクノロジーを活用 不動産業そのものをイノベーション」「グローバルカンパニーへの進化」という3つのビジョンを掲げており、その中の「テクノロジーを活用 不動産業そのものをイノベーション」を実現するため、自社ではどんな取り組みを実施するのかを「DX VISION 2025」としてまとめています。
図1:長期経営方針「VISION 2025」と「DX ...

図1:長期経営方針「VISION 2025」と「DX VISION 2025」のイメージ

6 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る