MENU

ニュース

アルメックス、業界最小を謳う病院向け小型セルフレジシステム

  • URLをコピーしました!

アルメックスは2022年10月3日、病院向けのセルフレジ「FIT-B for Clinic(フィットビー フォー クリニック)」を発表しました。同社によると業界最小型のレジで、病院の窓口業務効率化を支援します。

 「FIT-B for Clinic」は病院、クリニックでの利用を想定したセルフレジシステム。病院スタッフは現金に触れず、患者自身が精算まで実施することが可能となります。
図1:小型な筐体が売りの「FIT-B for Clinic」

図1:小型な筐体が売りの「FIT-B for Clinic」

 バーコードリーダーを使って精算金額を読み取る機能を備えます。レセプトコンピュータが出力したNON-PLUバーコード入りの領収書などをバーコードリーダで読み取ることで、精算金額を自動表示します。なお、患者がすべて操作するフルセルフモードと、患者が精算のみ操作するセミセルフモードの切り替えが可能です。  そのほか、精算開始から終了までの操作手順を案内する音声ガイダンス機能も搭載。病院のスタッフ向けに、金銭補充や回収方法も音声で案内します。硬貨の収納容量を増やして釣銭切れしにくくしたほか、硬貨や紙幣の残高をグラフで確認する機能なども用意します。  レジの大きさは高さ410mm、幅452mm、奥行き450mm。一般的なレジの約80%の設置面積さえあれば使え、手狭な窓口カウンターなどに向きます。
図2:他社製品より奥行きが突き出ずコンパクト

図2:他社製品より奥行きが突き出ずコンパクト

あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる