• TOP
  • ニュース
  • 三井倉庫グループがDX戦略策定、サプライチェーンのデジタル化に約100億円を投入 - DXマガジン

ニュース

2021.11.05

三井倉庫グループがDX戦略策定、サプライチェーンのデジタル化に約100億円を投入

三井倉庫ホールディングスは2021年11月1日、「三井倉庫グループDX戦略」を策定したことを発表しました。サプライチェーンにおける情報のデジタル化、見える化を通じて社会価値を創出できるようにします。2025年3月期までに約100億円を投じる予定です。

 同社が策定したDX戦略では、さまざまなプラットフォームとの連携・協創を通じ、「人の力」と「テクノロジーの力」を融合した「圧倒的な現場力」の構築に注力します。「攻めのDX」と「守りのDX」を重要施策として体系化、推進することでサプライチェーンの最適化に取り組みます。重要施策として次の5つの取り組みを掲げます。

攻めのDX:SCMデジタル情報の見える化を通じたビジネスモデルの変革
・SCM デジタルプラットフォームの構築
・マイクロサービス(便利アプリ群)の構築


守りのDX: SCM情報のデジタル化を通じた組織・企業文化風土の変革と事業の最適化
・スマートロジスティクスへの対応
・ナレッジ基盤の構築
・基幹システムのDX 対応


 「攻めのDX」は、SCM情報をスケールフリーネットワークで収集した上で、SCMの変化に対応可能なデジタルプラットフォームの構築を目指します。マイクロサービスを提供し、顧客のSCMを最適化します。

 「守りのDX」は、三井倉庫グループの物流機能に最新技術を導入し、スマートロジスティクスへの対応を加速します。オペレーション品質向上と効率化を推進します。

 同社は今後、「物流」という重要な社会インフラを支える企業として、新たな価値創出を目指します。顧客から信頼されるファーストコールカンパニーを目指す考えです。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る