• TOP
  • ニュース
  • 関西電力とオプテージ、ローカル5Gと4Kドローンを使って発電施設のインフラを監視する実証実験 - DXマガジン

ニュース

2021.05.07

関西電力とオプテージ、ローカル5Gと4Kドローンを使って発電施設のインフラを監視する実証実験

関西電力とオプテージは2021年4月30日、ローカル5Gと4K対応ドローンを活用したインフラ監視「スマート保安」の実証実験を開始することを発表しました。電気の保安業務を効率化するのが目的です。兵庫県の姫路第二発電所で2021年6月から実証実験を開始します。併せて同日、ローカル5Gの予備免許を取得したことも発表しました。

 実証実験では、火力発電所およびLNG基地の屋外設備を、4K対応ドローンと眼鏡型デバイスのARグラスで撮影し、その映像を、ローカル5Gのネットワーク経由で中央制御室へ伝送します。中央制御室では、各設備の状態を高精細な映像で監視できます。

 実証実験の概要は以下の通りです。

1.ローカル5Gによる発電所構内全域の無線ネットワーク化
ローカル5Gを活用することで、低コスト・面的なネットワークの構築が可能になり、高速大容量にも対応できます。また自営の無線により安定したデータの伝送と、セキュリティレベルの高いネットワークが実現します。
図1:ローカル5Gによるネットワーク化イメージ

図1:ローカル5Gによるネットワーク化イメージ

2.ドローンからの4Kおよびサーモ映像による遠隔リアルタイム監視
火力発電所・LNG基地で実施する定期的な設備の巡視点検において、ローカル5Gと4K対応ドローンを活用します。これにより、数十メートル離れた屋外設備の撮影でも高精細な画質の伝送が可能になり、中央制御室でリアルタイムの監視を安定して行うことができます。

3.可搬式4K監視カメラ映像による遠隔リアルタイム監視
ローカル5Gに加え、可搬式4K監視カメラを必要な場所に設置し、高精細な映像を伝送することで、中央制御室における24時間リアルタイム監視を実現します。

4.ARグラス映像による遠隔業務支援
現場作業者が眼鏡型のARグラスを装着し、現場映像をローカル5Gで伝送することにより、ベテラン指導者が中央制御室から遠隔で指示・監督を行えます。
図2:ドローンやAR映像での遠隔業務支援イメージ

図2:ドローンやAR映像での遠隔業務支援イメージ

 実証実験では、関西電力が実証実験と効果検証およびドローン操縦などの人材育成を担当します。オプテージは、ローカル5Gシステム、4K対応ドローンおよびARの構築・運用、電波伝搬などの試験を担当します。なお、ローカル5Gおよび4K対応ドローンなどを活用したインフラ監視は、オプテージによれば日本初の取り組みとのことです。
5 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る