• TOP
  • ニュース
  • 仕事でもうやる気ナシ!と考えるのはどんなとき? - DXマガジン

ニュース

2023.01.19

仕事でもうやる気ナシ!と考えるのはどんなとき?

職場風土づくりは2022年12月26日、社員のエンゲージメントに関する調査結果を発表しました。エンゲージメントを下げる要因とやる気を無くす瞬間を特定するのを目的とした調査で、就業経験ある190人を対象に、どんなときにやる気をなくしたのかなどを聞いています。

 仕事でやる気をなくしたことがあるかを聞いた結果が図1です。
図1:仕事を通じて「やる気を無くしたこと」がありますか?

図1:仕事を通じて「やる気を無くしたこと」がありますか?

 結果は「やる気を無くしたことがある」が96.2%を占めています。

 なお、米国のギャラップ社が過去に実施した「エンゲージメント・サーベイ」の結果では、日本は139カ国中132位と最下位レベルの結果が出ています。さらに「やる気のない社員」は70%に達していることが発表されています。

 もっともやる気をなくしたのはどんなときかも聞いています(図2)。
図2:最も「やる気を無くした瞬間」はどんな時でしたか?

図2:最も「やる気を無くした瞬間」はどんな時でしたか?

 もっとも多かったのは「結果に対して正当な評価が得られない」で51%を占めます。2位には「何を期待されているかわからなくなった」(46%)、3位は「仕事を進めるための支援がえられなかった」(44%)でした。

 このようなやる気をなくしたときにエンゲージメントは下がっているのかを聞いた結果が図3です。
図3:「やる気を無くした瞬間」にエンゲージメントは下が...

図3:「やる気を無くした瞬間」にエンゲージメントは下がりましたか?

 「エンゲージメントは下がった」と答えた割合は85.4%でした。企業が社員のエンゲージメントを高めるには、社員のやる気をなくすシチュエーションを取り除くことが必要であるとも読み取れます。

 どんな制度や体制を構築すればエンゲージメントを高められるのかを聞いた結果が図4です。
図4:「やる気を無くした瞬間」を振り返ってみてどの様な...

図4:「やる気を無くした瞬間」を振り返ってみてどの様な制度や体制があればエンゲージメントは高まると考えますか?

 「職場における社員同士の強い関係性」が38%でもっとも多く、「人事評価制度(考課制度)」(24%)、「企業の明確なビジョンや目標」(21%)が続きます。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
13 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る