• TOP
  • ニュース
  • 香川大学とネットワンシステムズ、セキュリティ技術者育成を目指す教育プログラムを強化 - DXマガジン

ニュース

2021.04.09

香川大学とネットワンシステムズ、セキュリティ技術者育成を目指す教育プログラムを強化

香川大学とネットワンシステムズは2021年4月7日、共同開発する情報セキュリティ教育プログラムの強化を発表しました。新型コロナウイルス感染症やDXといった時勢を取り入れ、内容を見直しました。

 情報セキュリティプログラムとは、香川大学創造工学部に2018年4月に新設した「情報システム・セキュリティコース」で使われている演習プログラム。実践的なスキルを有した情報セキュリティ技術者の育成を目的に使われています。

 プログラムは具体的に、情報セキュリティ倫理、情報セキュリティ技術の基礎を学ぶ「情報セキュリティⅠ」、ネットワークセキュリティ、攻撃対策を演習形式で学ぶ「情報セキュリティⅡ、情報セキュリティ演習」で構成します。現在は、「情報システム・セキュリティコース」の3年生約40名を対象にプログラムが使われています。

 今回、新型コロナウイルス感染症の拡大や、昨今の「DX」への関心の高まりを受け、プログラム内容を強化しました。セキュリティ対策を行うべきスコープが広がったことから、一定レベルの知識だけではなく、より実践的なリスク管理を行えるよう見直しました。

 なおネットワンシステムズは、同社の教育サービス「ネットワークアカデミー」の講師を香川大学の演習に派遣。「情報セキュリティⅠ」の授業を5回担当します。「情報セキュリティⅡ、情報セキュリティ演習」も、同社のネットワークエンジニアを講師として派遣し、ネットワーク機器を用いた実践的な情報セキュリティ演習を計6回担当します。ただし新型コロナウイルス感染症対策として、演習はオンラインで実施。実機による演習にはネットワークシミュレータを活用し、実機での演習とほぼ同じ体験をできるようにしています。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る