• TOP
  • ニュース
  • ワークマン、店舗の発注業務を30分から2分に短縮する自動化システム導入 - DXマガジン

ニュース

2021.04.23

ワークマン、店舗の発注業務を30分から2分に短縮する自動化システム導入

ワークマンと日立製作所は2021年4月19日、ワークマンの店舗で取り扱う約10万点の発注業務を自動化するシステムを導入したことを発表しました。2021年3月から2店舗に先行導入し、稼働開始しました。今後、全国の約900店舗に適用拡大していく予定で、店舗の働き方改革と欠品抑制、在庫適正化を目指します。

 導入したシステムは、スーパーマーケットなどへの導入実績がある日立製作所の「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」を活用したもの。商品の売れ行きに応じて、在庫の自動補充とAI需要予測という2つのアルゴリズムを自動的に選択し、切り替えられるのが特徴です。

・自動補充型アルゴリズム
 商品の販売累計が一定数を超えたときや、最低在庫量を下回ったときに、自動発注する「セルワンバイワン方式」による計算方法。在庫回転率が低い品目に向くアルゴリズムです。

・AI需要予測型アルゴリズム
 商品ごとの過去の在庫・発注・販売・売れ残り量や、天候・イベント情報などの複雑な条件を考慮し、需要量を算出する方法。在庫回転率が高い品目に向くアルゴリズムです。
図1:ワークマンが導入した同システムの概念図

図1:ワークマンが導入した同システムの概念図

 ワークマンの取り扱い商品は約10万品目に及び、1店舗あたり約1万3000品目になります。これまで店舗では、これらの発注業務に1日あたり約30分を費やしていました。適切な在庫の確保やタイムリーな商品入れ替えが滞るなどの課題を抱えていました。

 そこで、ワークマンと日立製作所は2020年から、デジタル技術を活用した発注・在庫管理業務の自動化に向けた協創を開始。ワークマンのニーズに合わせた自動発注システムの開発にあたり、日立製作所は同サービスに、2つのアルゴリズムを動的に切り替える機能を追加しました。

 ワークマンの3店舗、31品目を対象にシミュレーションしたところ、現状の店舗棚割しに即した平均在庫量を維持しつつ、こまめな補充によって欠品を抑制できるようになりました。発注業務も1日あたり30分から2分に短縮しました。

 両社は、同システムを2021年11月までにワークマンの450店舗に導入し、順次、国内のすべての約900店舗へ展開していきます。また、ワークマンではさらなる事業拡大に向けて、プライベートブランドの商品開発や流通センターの増強などを進めており、両社はサプライチェーン全体を最適化する仕組みづくりに向けて、今後も協創を継続する予定です。

 なお、同システムでのアルゴリズムの切り替えや、自動補充型アルゴリズムに関する制御パラメータを分析し、一括でメンテナンスする運用サポートには、日立ソリューションズ東日本の需要予測・発注計画ソリューション「SynCAS」を活用しています。
3 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る