MENU

ニュース

beatcamera、撮った動画をAIが勝手に編集するアプリ

  • URLをコピーしました!

beatcameraは2021年8月11日、自動動画編集アプリ「beatcamera」(ビートカメラ)を発表しました。AIを活用し、撮影した映像を自動的に編集する機能を備えます。

 「beatcamera」は、スマートフォンで撮影した動画をボタンひとつで自動編集できるアプリ。何気ない動画でも、動画の中から抽出したビート(音声)を組み替えて新たな音源を作り、映像と合わせて再編集します。ユーザーが自ら編集せずとも、思いもよらない面白い動画を作成できるのが売りです。  AIが動画から音声を抽出し、その中で最も「バスドラムに近い」「シンバルに近い」といった具合に音声をパーツに分解します。それを映像と組み合わせてビート動画を作成します。  例えば、愛猫が戯れている動画に、かわいい鳴き声が入った動画を作成できます。料理やスポーツなどの音を楽しいビートを組み合せた動画も作れます。
図1:動画の制作例

図1:動画の制作例

 利用するにはアプリ起動後、動画を撮影、もしくはアルバムから撮影済動画を選択します。その上で任意のビート(音源)を選択すると、自動で動画が生成されます。さまざまなジャンルのビートを選択可能で、今後は正月やクリスマスなど季節限定のビートも配信する予定です。
図2:アプリの使い方

図2:アプリの使い方

 アプリの料金は無料。iOSのみに対応し、Androidには対応しません。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる