• TOP
  • ニュース
  • 住友理工、社員の分析スキル習得を支援するeラーニング+コミュニケーションサービス採用 - DXマガジン

ニュース

2022.03.16

住友理工、社員の分析スキル習得を支援するeラーニング+コミュニケーションサービス採用

住友理工はeラーニングとオンラインの子ユニケーションサービスを組み合わせた「DX-Learning Room」を導入します。eラーニングを使って従業員がデータ活用のスキルを習得できるようにします。「DX-Learning Room」を提供するジールが2022年3月7日、発表しました。

 住友理工は世界20カ国以上に拠点を構えるグローバルサプライヤー。国内外に拠点を構えるため、営業の売上の収集、管理、計画・方策策定などの業務に携わる部署では、データ量増加による分析業務の負荷が課題になっていました。部署のグローバル自動車営業本部 グローバル営業企画部では分析をExcelで実施しており、分析しづらい点も負荷を増す要因になっていました。

 そこで営業企画部の担当者は、Excel中心の分析業務から脱却し、BIツール「Microsoft  Power BI」の勉強を独学で開始。そんな中、ジールが提供するPower BI用のeラーニング「DX-Learning Room」を知り、採用を決めます。「DX-Learning Room」を導入することで、現場部門がデータ活用のスキルを身につけられるようにします。

 住友理工は2021年5月時点で、グローバル営業企画部を中心に10名が「DX-Learning Room」を利用します。

 「DX-Learning Room」は、自分のペースで何回も繰り返し学習できるeラーニングサービス。理解を深めやすくすることで、実務に携わりながら効率的にスキルを習得できます。eラーニングに加え、双方向でコミュニケーションが可能なオンラインサービスも用意し、分かりにくい点を聞きながら理解できるのも特徴です。
図1:「DX-Learning Room」は何度も繰り...

図1:「DX-Learning Room」は何度も繰り返し学習できるのが特徴

 なお受講後、Power BIでデータの収集から加工、成果物の作成までできるようにしています。Power BIを利用して、データ活用を自身の業務改善に活かすなど、データ活用への積極的な取り組みが加速したのがメリットです。社内のデータ活用の裾野拡大も見込めます。

 ジールは今後も、住友理工のビジネス戦略における適切な環境作りを視点します。顧客の要望を反映したサービスの充実を推進する考えです。
3 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る