• TOP
  • ニュース
  • 経済産業省が職員5500人を対象に名刺作成サービス導入、発注や更新を容易に - DXマガジン

ニュース

2022.10.20

経済産業省が職員5500人を対象に名刺作成サービス導入、発注や更新を容易に

経済産業省はSansanの名刺作成サービス「Sansan名刺メーカー」を導入しました。2025年に大阪で開催予定の2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に向けた名刺作成に使用します。管理者は職員5500人の名刺をオンライン経由で一括支給できるようになります。サービスを提供するSansanが2022年10月19日、発表しました。

 経済産業省は現在、2025年に開催される大阪・関西万博に向けた準備を進めています。その中で、大阪・関西万博のデザインを採用した名刺の活用を目指しており、効率良く名刺を作成し、職員に支給できる体制づくりを模索していました。

 そこでSansanの名刺作成サービス「Sansan名刺メーカー」を導入。管理者が任意のデザインの名刺を作成し、職員にオンライン上で一括支給できる点が導入の決め手となりました。職員自身が発注申請したり、所属や肩書の変更の際に更新申請したりできるのも決め手の1つです。

 サービス導入により、経済産業省は名刺作成業務をオンライン上に集約。管理者は大阪・関西万博デザインの名刺を一括して職員5500人に支給できるようになります。追加コストなしに変更したデザインを管理することもできます。支給された名刺は紙とオンラインの両方でも活用も可能です。

 なお経済産業省では2020年よりSansanの営業支援サービス「Sansan」を導入。職員は「Sansan」経由で名刺の発注や更新も可能となります。必要なときに必要な枚数だけ名刺を発注でき、所属変更などの際には申請するだけで職員自身が名刺情報を更新できます。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
5 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る