• TOP
  • ニュース
  • 日産が補修部品入出庫管理システムにIaaS採用、既存環境をモダナイズ - DXマガジン

ニュース

2022.11.28

日産が補修部品入出庫管理システムにIaaS採用、既存環境をモダナイズ

日産自動車は補修部品システムの入出庫を管理するシステムにIBM CloudのIaaS「Power Virtual Server」を採用しました。システム構築を支援したキンドリルジャパンと日本アイ・ビー・エムが2022年11月28日、発表しました。

 日産自動車の補修部品システムの入出庫を管理するシステムにはこれまで、日本アイ・ビー・エムの「IBM Power Systems」が使われてきました。一方で日産自動車ではITインフラのクラウド移行を推進。本システム環境の更新を機にクラウドへの移行を検討してきました。

 そこで日産自動車と日本アイ・ビー・エムはPower Virtual Serverへの移行を検討開始。これまで蓄積した既存プラットフォーム資産やOracleなどのソフトウエア群を変更せず、AIXやミドルウエアを最新バージョに移行可能なクラウド環境を検討します。

 なお、クラウド環境の評価や検証は、キンドリルジャパンとともに実施しました。キンドリルジャパンは日産自動車や複数の関連ベンダーと協業しながら構築を支援。2021年9月から移行作業を開始しました。その結果、2022年8月よりPower Virtual Serverにモダナイズした新システムの運用を開始しています。

 Power Virtual Serverに移行した結果、アプリケーションの更新を柔軟かつ迅速に対応できるようになりました。ホストシステムや周辺システムとの接続性を維持し、従来の業務プロセスを変更しない新システムとして稼働しています。

 キンドリルジャパンと日本アイ・ビー・エムは今後も、Power Virtual Serverを活用したクラウド移行を支援します。さらに、日産自動車の基盤システムのモダナイゼーションを推進していく考えです。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
5 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る