MENU

ニュース

Amazonがマンションの鍵になった! オートロックを解除し荷物の置き配を可能に

  • URLをコピーしました!

プレサンスコーポレーションは2023年5月2日、自社で管理するマンションにアマゾンのサービス「Amazon Key for Business」を順次導入することを発表しました。マンションの住人が利便性や快適性を得られるようにします。

 アマゾンが提供するサービス「Amazon Key for Business」は、オートロックを備えるマンション向けのサービス。最大の特徴は、専用の配送アプリを使ってオートロックを解除できる点です。これにより、配達する商品を玄関先に置き配したくてもオートロックで入館できないといった配送業者の課題を解消します。  「Amazon Key for Business」を使えば、配達する商品と配送アプリを持ったアマゾンの委託先のドライバーだけがマンションに入館できるようになります。配達が完了したら、ロック解除期限が自動的に切れます。つまり再入館はできません。マンションの入居者はサービス利用料などを払うことなく、「Amazon Key for Business」を利用できます。
図1:ドライバーが玄関先に荷物を置き配できるようになる

図1:ドライバーが玄関先に荷物を置き配できるようになる

 プレサンスコーポレーションは第一弾として、同社が直接保有する投資用ワンルームマンションへの導入を開始します。対象物件数は、大阪6物件565戸、兵庫2物件237戸、愛知1物件70戸で、合計9物件(872戸)です。2023年5月からサービスの稼働を開始します。その後、同社が管理する他の投資用ワンルームマンション、同社が供給したファミリーマンションへの導入も提案していく計画です。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる