導入事例

    2022.07.01

    パスタを1食45秒で自動調理するロボット、丸ビルの飲食店が導入

    プロントコーポレーションは東京都千代田区の丸ビルにオープンする飲食店「エビノスパゲッティ 丸ビル店」に、パスタを自動調理するロボットを導入しました。自動調理ロボットを開発するTechMagicが2022年6月30日、発表しました。

     プロントコーポレーションが導入したパスタ自動調理ロボットの名称は「P-Robo」。4つの鍋を同時に動作させ、人のようにブレることなく、誰もが熟練の調理技術を再現できます。独自開発の鍋とアームロボットを使用し、具材と麺をむらなく攪拌加熱します。これにより、1食あたり最短45秒で調理可能なほか、1時間当たり最大90食を調理できます。調理後の鍋の洗浄もロボットが自動で実施します。
    図1:プロントコーポレーションが導入したパスタ自動調理...

    図1:プロントコーポレーションが導入したパスタ自動調理ロボット

     なおTechMagicによると、注文に応じて麺の茹で、具材・ソースの供給、調理、鍋の移動・洗浄を自動で行うシステムは世界初とのことです。

     調理後は鍋が盛り付け場所まで移動し、スタッフが皿に盛り付け、トッピングすることになります。

     「P-Robo」を管理する機能もあります。スタッフは専用のUIシステムを使い、P-Roboが何を調理しているのかを確認できます。レシピ情報を更新することもできます。

     プロントコーポレーションは従来店と比べ、「P-Robo」導入後は1~2人の省人化を想定します。

     TechMagicは今後、テクノロジを活用して食産業の人手不足や人材育成問題などの解決におり出します。これにより、持続可能な食インフラの実現を目指していく考えです。
    関連リンク
    TechMagic株式会社
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例