MENU

ニュース

損保ジャパンがコンカー導入、紙/押印文化とシステムの個別開発サイクルからの脱却図る

  • URLをコピーしました!

損害保険ジャパンはクラウド型の経費精算システム「SAP Concur」を導入しました。出張費などの間接費を管理する基盤として活用します。システムの導入を支援したコンカーが2024年11月24日、発表しました。

損害保険ジャパンはこれまで、紙や押印を前提とした業務が中心で、システムに情報を手入力する作業が負荷となっていました。さらに、こうした運用がテレワークを推進する阻害要因にもなっていました。

そこでこうした課題の解決と、システムを個別開発・個別改修するサイクルからの脱却を図るため、間接費の管理基盤として経費精算サービス「SAP Concur」を導入しました。

損害保険ジャパンが「SAP Concur」を採用した主な理由は次の通りです。
・金融機関や保険業界での豊富な実績と、間接費業務の豊富な専門的知見
・入力、承認、運用管理、データ活用までカバーする網羅的な機能とサービス
・税制改正への対応や外部サービスとの連携拡充による強い市場牽引力
・大規模利用に容易に対応可能なプラットフォーム

なお同社では、約2万1000人の従業員が2023年8月より「SAP Concur」の利用を開始しています。規定を自動チェックする機能やデータを活用する機能などを駆使し、ガバナンス強化も進めています。

損害保険ジャパンは「SAP Concur」を活用することで、外部環境に柔軟に対応していく考えです。さらに、運用体制を継続して改善し、データ活用による効果の最大化も目指します。

関連リンク
株式会社コンカー
プレスリリース

あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる