• TOP
  • ニュース
  • ウェブ開発やデータサイエンス・ブートキャンプの授業料を30%補助、ソーシャスが奨学金制度でIT人材育成を支援 - DXマガジン

ニュース

2022.01.31

ウェブ開発やデータサイエンス・ブートキャンプの授業料を30%補助、ソーシャスが奨学金制度でIT人材育成を支援

ソーシャスは2022年1月31日、「Tech4Good Changemaker 奨学金制度」を発表しました。Le Wagonと提携し、Le Wagonが運営するプログラミングスクールのウェブ開発やデータサイエンス・ブートキャンプの授業料を補助します。IT技術を学ぼうとする人を支援し、IT人材不足解消に乗り出します。

 Le Wagonは、プログラミングスクールを運営する企業。スクールを世界に展開し、現在は5大陸45都市で1万3000人以上の卒業生を輩出しています。デジタル教育を希望する個人や組織を対象に、さまざまなコースやイベントを開催し、コードを学ぶ機会を創出しています。

 日本では、2016年に東京でフルタイムの9週間のカリキュラムを開始。2019年にはパートタイムの24週間のプログラムも実施しました。過去5年間で400人以上の生徒を育成しています。

 ソーシャスは今回、Le Wagonのカリキュラムに参加する生徒を奨学金という形で支援します。対象はLe Wagonのウェブ開発とデータサイエンス・ブートキャンプ参加する生徒。授業料を30%補助します。

 なお、授業料が補助される奨学生はメンターシップを通じ、ソーシャスのメンバーから、ソーシャルインパクト団体への就職や、新団体創設などのサポートを受けられます。コミュニティイベントに無料で参加し、卒業生向けのコミュニティを介して、ネットワークを構築することもできます。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る