MENU

ニュース

エプソンがFull HDやオートフォーカス対応スマートグラスを発表、作業現場の遠隔支援を想定

  • URLをコピーしました!

エプソンは2022年9月30日、スマートグラス「MOVERIO」の新版を発表しました。装着時の耳や鼻への負荷を軽減する2モデルを、2022年11月下旬より発売します。

 「MOVERIO」は、ハンズフリーで映像や情報を確認できるスマートグラス。作業現場の遠隔支援や作業支援といった用途を想定します。
図1:スマートグラス「MOVERIO」(BT-45CS)

図1:スマートグラス「MOVERIO」(BT-45CS)

 新版は、装着時の耳や鼻への負担を軽減できるようにしました。頭部全体で支える構造にすることで付加を軽減します。メガネをつけたままでの使用も可能です。なお、装着時の重さが気になる場合、同梱のオーバーヘッドストラップを取り付ければ、さらに負荷を分散させられます。同梱の取付金具を使えば、ヘルメットの装着も可能です。粉塵や水しぶきの多い場所での使用にも耐えます。
図2:頭部全体で本機を支えることで装着時の耳や鼻への負...

図2:頭部全体で本機を支えることで装着時の耳や鼻への負担を軽減

図3:ヘルメット装着用の金具を使えば、既存のヘルメット...

図3:ヘルメット装着用の金具を使えば、既存のヘルメットに本機を取り付けられる

 画質も引き上げました。目の前に投写される画像の解像度はFull HDに対応し、仮想画面サイズは120型に相当します。細かい図面や地図も見やすくしています。撮影用のカメラは800万画素でオートフォーカス対応。クリアな撮影画像を遠隔の作業支援者と共有することができます。  なお、コントローラにはAndroid OSを搭載するものの、Google提供のGmailなどのアプリケーションは非対応です。管理者の意図しないアプリケーションがインストールされるなどの運用を排除し、セキュアな環境で作業できるよう配慮しています。  コントローラをセットにした「BT-45CS」と、ヘッドセット単体の「BT-45C」の2モデルを用意します。前者の参考価格は27万3900円、後者の参考価格は20万7900円です(ともに税込み)。2022年11月下旬より販売を開始します。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる