MENU

ニュース

渋谷区がタレントマネジメントサービス導入、個性を活かす育成に注力

  • URLをコピーしました!

東京都渋谷区はタレントマネジメントシステム「カオナビ」を導入しました。個性や能力に応じて職員を育成できるようにするツールとして活用します。サービスを提供するカオナビが2022年10月20日、発表しました。

 渋谷区は現在、2019年策定の「人財育成基本方針」に基づく人事分野のDXを進めています。職員一人ひとりが能力を磨き、個性を発揮できる人材を育成することに主眼を置きます。  そこで渋谷区では、こうした方針実現を支援するシステムの選定を開始。職員の個性を可視化する人材情報のデータベース化、人事評価や配置検討などの人事業務の効率化、職員のモチベーション向上を見込める機能を要件として洗い出した結果、タレントマネジメントシステムの「カオナビ」を採用しました。  「カオナビ」は企業や団体の人材に関する情報を管理、運用するためのクラウドサービス。氏名や連絡先などの人事情報に限らず、これまでの経験やスキル、評価、才能などの人材情報を可視化します。経験や能力を活かした最適な人材配置や適正な評価などを可能にします。同社によると現在、2500社を超える企業・団体が導入しています。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる