MENU

ニュース

ホンダが自動運転タクシーサービスを2026年に提供、運転席のない専用車両導入で新たな移動体験を創出

  • URLをコピーしました!

本田技研工業とGM クルーズホールディングスLLC、ゼネラルモーターズの3社は2023年10月19日、自動運転タクシーサービスを提供する合弁会社設立に向けた基本合意書を締結したと発表しました。自動運転タクシーサービスを2026年初頭には日本で提供する予定です。合弁会社は関係当局の承認を経たのち、2024年前半の設立を目指します。

3社が基本合意書を締結したのは、日本国内で自動運転技術を用いた無人タクシーサービスを提供するためのもの。合弁会社を設立し、3社で足並みを揃えて国内での自動運転普及を図ります。

3社が提供を目指す自動運転タクシーサービスは、配車から決済までをスマートフォンのアプリで完結するタクシー配車サービス。自動運転専用車両が指定場所まで迎えに行き、目的地に到着するまでの全工程を自動運転で実施するのが最大の特徴です。

「クルーズ・オリジン」と呼ぶ3社が共同開発した自動運転専用車両を導入するのも特徴の1つです。「クルーズ・オリジン」に運転席はなく、広い車内空間を確保できることから対面6人乗りを実現しています。移動中に車内で打ち合わせしたり、家族で会話したりといった新たな移動体験を提供できることを売りにします。

図1:クルーズ・オリジンの外観(出典:本田技研工業)
図2:クルーズ・オリジンの利用イメージ(出典:本田技研工業)

自動運転タクシーサービスは、2026年初頭に東京都心で提供を開始する予定です。まずは数十台の車両を導入し、最終的には500台規模の運用を見込みます。その後は車両を順次増やすほか、サービスの提供エリア拡大も目指します。

3社は自動運転タクシーサービスを展開することで、新たな価値の提供を図ります。さらに、タクシーやバスの乗務員不足などの社会課題の解決にも貢献していく考えです。今後はサービスの実現に向け、自治体や交通事業者などのステークホルダーとの連携強化も進めていきます。

関連リンク
本田技研工業株式会社
プレスリリース


あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる