MENU

ニュース

オンプレからパブリッククラウドへの移行を検討する企業は5割超、そのうち3カ月以内に移行予定も5割/クラウドエース調べ

  • URLをコピーしました!

クラウドエースは2023年2月14日、サーバーの管理に関する調査結果を発表しました。オンプレミスのサーバーを管理するシステム担当者109人に、課題やクラウドへの意向などを聞いています。

 サーバーを管理する上での課題を聞いた結果が図1です。
図1:サーバー管理上の課題点を教えてください。

図1:サーバー管理上の課題点を教えてください。

 「バージョンアップ、セキュリティパッチ適用などの運用管理」が47.7%でもっとも多く 、「機密情報や個人情報などの漏えい対策」(43.1%) 、「運用管理に対応する人がいない」(43.1%)が続きます。  パブリッククラウドへの移行を考えているかを聞いた結果が図2です。
図2:あなたの会社では、「パブリッククラウド」への移行...

図2:あなたの会社では、「パブリッククラウド」への移行を考えていますか。

 「考えている」が52.3%と半数を超え、「考えていない」(38.5%)を上回りました。オンプレミスのサーバー運用による課題解消の手段として、クラウドへの移行を検討する企業が多いことが分かります。  では、パブリッククラウドへの移行を考えていない企業は、なぜ移行を考えていないのか。その理由を聞いた結果が図3です。
図3:パブリッククラウドへの移行を考えていない理由を教...

図3:パブリッククラウドへの移行を考えていない理由を教えてください。

 「パブリッククラウド移行でのメリットがわからないから」が35.7%でもっとも多い割合を占めます。2位は「特にリソースが変わらず必要性を感じていないから」で33.3%、3位は「移行に関する技術的なリソースが不足しているから」で23.8%でした。  そのほか、自由回答には次の理由もありました。一部を抜粋します。
・ネットワーク遅延が懸念される。
・業務の性質上、セキュリティ的な意味合いで、クラウドを使用することはできないため。
・予算の問題。
・パブリッククラウドへ移行するようなシステムを持っていないから。
・社内ルールで会社データを社外に置くことを禁止しているため。
・容量スペック共に必要な物を求めると高い。
・インターネット障害時に困るのでないか。  パブリッククラウドへの移行を考える企業に、パブリッククラウドへの移行時期を聞いた結果が図4です。
図4:パブリッククラウドへの移行時期を教えてください。

図4:パブリッククラウドへの移行時期を教えてください。

 「3ヶ月以内」がもっとも多く、38.6%を占めます。「半年以内」(19.3%)と「1ヶ月以内」(12.3%)を合わせると、パブリッククラウド移行を検討する7割の企業が半年以内にサーバー環境をパブリッククラウドに移行する予定であることが分かります。  パブリッククラウドへ移行するにあたっての悩みや課題を聞いた結果が図5です。
図5:パブリッククラウド移行に際し、悩み・課題があれば...

図5:パブリッククラウド移行に際し、悩み・課題があれば教えてください。

 「クラウド利用はセキュリティーに不安がある」が57.9%でもっとも多く、「クラウドの開発会社が選べない」(43.9%)、「サポート費用を試算できない」(31.6%)が続きます。クラウドのセキュリティを懸念する企業が今なお多いことが分かります。  そのほか、自由回答には次の理由もありました。一部を抜粋します。
・費用対効果。
・Pマークを所持しているので、適合できるのか不安。
・パブリック以外と共存できる方法があるらしいが今の所クラウドオンリーというわけには行かない。
・どれを選べばいいかわからない。
・保証が怖い。  パブリッククラウドへの移行を誰が主導するのか。主導する部門を聞いた結果が図6です。
図6:パブリッククラウドへの移行を主導する部門を教えて...

図6:パブリッククラウドへの移行を主導する部門を教えてください。

 「情報システム」部門と回答した割合が66.7%を占めます。一方で、「経営者」(14.0%)や「各事業部」(19.3%)と答えた割合も決して少なくありません。  調査を実施したクラウドエースは、パブリッククラウド移行により、「処理速度アップ」や「管理コストの低減」などを期待する声が多く、経営陣からも期待が寄せられていることが想定されると言います。システム担当者として、自社におけるパブリッククラウドの運用をより明確化するには、悩みの解消と同時に理解を深める機会が重要だと推察します。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる