MENU

ニュース

安全管理、点検をロボットが担うDXな時代に、ドローンも点検ロボットが運転し始めた…!?

  • URLをコピーしました!

ugoは2023年6月20日、ロボットとドローンを組み合わせたソリューションを発表しました。施設などのインフラを点検する用途を想定します。ロボットとドローンそれぞれの欠点を補って点検できるのが特徴で、点検作業を実施する事業者の効率化を支援します。

 ugoが発表したソリューションの名称は「ugo +drone」。同社が開発する業務用ロボットと、Skydio製のドローンをセットにして提供します。ロボットとドローンがそれぞれ、人に代わって施設などを点検します。

ロボットとドローンが互いの弱点を補いながら点検できるのが特徴です。ドローンは一般的に、長時間の飛行に向きません。建物内をフロア移動できません。ドローンの機体を任意の場所まで無人で運搬することもできません。「ugo +drone」はドローンのこうした弱点を、ロボットを活用することで解消します。

「ugo +drone」では、ロボットにドローン離発着用の折り畳み式ポートを装備。加えて、ドローンの機体を固定する装置も備えます。これらの装備により、ロボットが施設内の任意の場所までドローンを自動運搬できるようにします。

図1:ロボットの背部にドローンの離発着用ポートを装備する

図1:ロボットの背部にドローンの離発着用ポートを装備する

 そのため、ドローンは長時間飛行しなくて済みます。ロボットがエレベータを操作してフロアを移動できることから、ドローンのフロア移動も可能となります。

一方のロボットは、ドローンのように上空から施設を点検できません。こうした弱点を、ドローンを活用することで補います。

「ugo +drone」は双方の弱手を補うといった特徴を備えることで、点検作業をより正確に、より効率的に実施できるようにします。

ugoは「ugo +drone」の注文を同日より開始します。商品の出荷は2023年7月を予定します。なお今回の発表は、ugoとメンテナンスサービスを提供するジャパン・インフラ・ウェイマークとの提携によるもの。両社は今回の提携を機に、今後は効率的かつ質の高いサービスを提供できるようにしていく考えです。

あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる