MENU

ニュース

パーソルテクノロジースタッフ、GX人材を2026年度までに200人育成

  • URLをコピーしました!

パーソルテクノロジースタッフは2022年9月21日、GX(グリーントランスフォーメーション)や脱炭素を支援するエンジニアを育成、増員することを発表しました。2026年度までに200人体制を目指します。CO2排出量算出、空調技術、IoTなどの技術を保有したエンジニアの育成を強化します。

 政府は2020年10月、「2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」と目標を掲げたことに加え、経済産業省が2022年4月、「GXリーグ基本構想」を策定。こうした動きで注目を集めているのが「GX(グリーントランスフォーメーション)」です。多くの企業は持続可能な形で成長を目指すSDGs経営やESGの考え方のもと、GXに取り組みだしています。こうした背景から、GXに関する取り組みを実行する人材のニーズが増加することが見込まれています。  そこで同社は、CO2排出量算出シミュレーションや、IoT制御などの技術に精通するエンジニアの育成に注力することにしました。同社はこうした人材を「グリーンエンジニア」と呼び、今後の人材不足を見据え、さらなる育成強化を進めます。  2026年度までに200人体制を目指します。社員エンジニアの希望者を対象に育成します。チャレンジしたいエンジニアは約2カ月間の研修プログラムを経て、グリーンエンジニアとして活躍できるようにします。  社員エンジニア向けに「カーボンニュートラル基礎研修」も実施します。モノづくり領域の社員エンジニアを対象に、基礎研修をオンラインで実施します。この研修により、カーボンニュートラルを自分事として捉え、日々の業務における電力利用量削減やITとモノづくり領域を跨いだアイディア創出の増加を期待します。  同社は今後も、エンジニアに対するさまざまな事業領域へのスキルアップを通じた多様な就業機会の提供を図ります。多様な人材と技術力を通じて顧客貢献を目指していく考えです。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる