MENU

ニュース

事前連絡なしの予約キャンセルをスコア化、TISが悪質な予約を見抜くサービスを提供開始

  • URLをコピーしました!

TISは2021年11月8日、オンライン予約サイトなど向けのサービス「Reservation Eye」を発表しました。予約したにも関わらず事前のキャンセルなく現れない予約客に予約を防止します。国内のオンライン旅行予約サービスに2022年1月より提供します。

 「Reservation Eye」は、キャンセルなしに現れない予約をスコアリングするサービス。予約サイトで利用者が予約確定した情報を、約200の要素に分解して悪質な予約の発生リスクを算出します。具体的には、宿泊金額、宿泊人数、宿泊期間、予約日から宿泊日までの日数、予約した時間帯などの要素を抽出してリスクを導き出します。  Reservation Eyeの利用企業にはリスクをスコアとして開示します。利用企業は、悪質な予約者だけを抽出でき、事前連絡なしのキャンセルによる被害を軽減する効果も見込めます。
図1:「Reservation Eye」の利用イメージ

図1:「Reservation Eye」の利用イメージ

 なお、同社は2020年9月から12月に国内オンライン旅行予約サービスでPoCを実施。リスクが高い3%の予約に架電対策を実施した結果、そのうち39.6%が後にキャンセルしたという効果を得られました。  同社は今後、旅行業界以外の美容、飲食、テイクアウトなどオンラインで予約システムを展開している他業種にもサービスを展開する予定です。不正予約被害といった社会課題の軽減・解決に向け、サービスの拡充を図っていく考えです。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる