MENU

ニュース

川崎市のマンションが生鮮宅配ボックスや無人コンビニを設置、入居者の利便性向上に

  • URLをコピーしました!

リビングライフは2022年9月2日、マンションに無人コンビニや生鮮用宅配ボックスなどを設置したことを発表しました。同社が分譲するマンション「ライフレビュー川崎久地プライムヒル」の住民の利便性を向上できるようにします。

 同社がマンションに設置するのは、生鮮宅配ボックス「マートステーション」、無人コンビニ 「Store600」、自動販売機。ラウンジに設置することで、入居者が気軽に利用できるようにします。  「マートステーション」は、クックパッドが運営する生鮮食品EC専用の生鮮宅配ボックス。アプリを使って購入した食材を、マンションのラウンジで受け取ることができます。  無人コンビニ「Store600」は、600が提供する常温保存可能な商品を取り扱う無人コンビニ。アプリを使って解錠し、商品を取り出して支払う仕組みを備えます。  自動販売機は、災害・緊急時に飲料を無料提供する機能を備えます。  これらを設置するマンションは、神奈川県川崎市に2022年2月に竣工した「ライフレビュー川崎久地プライムヒル」。マンションは商業エリアからやや離れた高台に位置しています。マンションの購入者から購入検討者から「買い物施設が近くにあれば」などの声を受け、導入することにしました。コロナの影響でテレワークが増えている、外出機会を減らすことで感染防止になるなどのニーズにも応えます。
図1:「ライフレビュー川崎久地プライムヒル」の外観

図1:「ライフレビュー川崎久地プライムヒル」の外観

あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる