• TOP
  • ニュース
  • コックス、RFID導入店舗を拡大し、棚卸作業時間を1店舗あたり15.7時間削減 - DXマガジン

ニュース

2021.09.10

コックス、RFID導入店舗を拡大し、棚卸作業時間を1店舗あたり15.7時間削減

イオンは2021年9月10日、グループ会社のコックスが190店舗で棚卸業務にRFIDを用いることを発表しました。2020年度に先行導入した店舗で作業時間・作業コストの削減効果があったことから導入店舗を拡大しました。

 アパレル専門店を展開するコックスはこれまで、商品1点1点のタグを機械でスキャンして棚卸していました。事前準備や前日作業、当日作業と 多くの時間と作業コストがかかり、点数の多さから従業員の負担になっていました。

 そこでRFIDを導入。事前の準備時間を削減したことに加え、当日の作業人員やスキャン作業時間も一括読み取りにより削減。これにより、棚卸に割いた時間を接客に充てられ、顧客に寄り添った店舗運営を実施できる体制へと変えました。
図1:店舗でのRFID棚卸の様子

図1:店舗でのRFID棚卸の様子

 RFIDを導入したメリットは次の通りです。
・一括読み取りで作業時間、作業人数を削減
・従来の棚卸より正確な在庫把握が可能
・袋から商品を出さずに読み取れ、商品の品質維持に貢献
図2:箱に入った商品も出さずにスキャンが可能

図2:箱に入った商品も出さずにスキャンが可能

 RFIDを導入したことで、1店舗あたりの棚卸に割く作業時間は、事前の準備時間を含み15.7時間削減しました。コックスは今後、今期の重点施策であるDX推進によるコスト構造改革を進める取り組みに注力する考えです。
5 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る