MENU

ニュース

ChatGPTで3Dモデルを自動生成、設計の知識なしにモノづくりが可能に

  • URLをコピーしました!

VUILDは2023年5月9日、ChatGPTを使って3Dモデルを生成するツール「EMARF AI(仮称)」の開発を発表しました。会話の内容をもとに3Dモデルを生成できるのが特徴です。同社は今後、開発を進めて正式リリースを目指す考えです。

 「EMARF AI」は、ChatGPTを使って3Dモデルを自動生成するデザインツール。利用者はAIと会話することで3Dモデルを生成できるようになります。会話では細部まで作り込めないことを想定し、サイズや形状などはテキストを使って3Dモデルを編集できます。自動生成された3Dモデルは即座に図面化するといった特徴も備えます。
図1:AIとの会話で3Dモデルを生成できる

図1:AIとの会話で3Dモデルを生成できる

 CADやIllustratorなどの設計ツールを使えない人や、設計に関する知識がない人でも、作りたいイメージをAIに伝えるだけでイメージ通りのモノを制作できるようになります。デザインの補助ツールとしての用途も見込めます。
図2:設計の知識がない人でも3Dモデルを作れるのが売り

図2:設計の知識がない人でも3Dモデルを作れるのが売り

 なお、「EMARF AI」経由で図面の加工依頼も可能です。制作金額の見積りも自動で算出します。注文すると、デジタル木材加工機「ShopBot」で加工された木パーツが1週間程度で届きます。組み立てるだけの状態で届きます。接合部や構造強度なども自動生成するため、モノづくり初心者でも安心して制作できます。
図3:図面をもとに加工依頼が可能

図3:図面をもとに加工依頼が可能

 同社は今後、「EMARF AI」の正式ローンチを目指します。さらなるデータ解析やシステム構築を進めます。家具だけでなく、空間を構成する建築部品を自動生成する機能や、接合部や構造強度を自動生成する機能、CNCルーター加工以外の制作を自動生成する機能を新たに追加する予定です。
関連リンク
VUILD株式会社
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる