MENU

ニュース

デザインも秀逸なマルチルーム対応スマートスピーカー、Alexaにも対応

  • URLをコピーしました!

THT Japanは2022年12月21日、スマートスピーカー「defunc HOME(デファンク ホーム)」を発表しました。複数の部屋に設置して使う用途を想定します。クラウドファンディングサイトで2023年3月12日まで予約販売を実施します。

 「Defunc HOME」はリビングやキッチン、寝室などの複数の部屋に設置して利用するマルチルーム対応のスマートスピーカー。アプリを使って各部屋に設置した「Defunc HOME」を制御し、すべての部屋で同じ音楽を流したり、defunc HOMEを2つ用意してステレオ設定にしたりしできます。こちらではオフに、別の部屋のスピーカーだけで曲を流すといった使い方も可能です。特定の「Defunc HOME」をグループとしてアプリに登録し、グループごとに曲を流すこともできます。
図1:マルチルームの運用事例(すべての部屋を1つのスペ...

図1:マルチルームの運用事例(すべての部屋を1つのスペースとして)

図2:マルチルームの運用事例(寝室/リビング/キッチン...

図2:マルチルームの運用事例(寝室/リビング/キッチン/書斎)

 Alexaにも対応します。「Defunc HOME」を使って音楽の再生はもちろん、天気の確認、ニュースの読み上げ、アラームやタイマーのセットも可能です。Alexaと互換性のある家電など連携させておけば、スマートホーム用デバイスとしても使えます。
図3:Alexa(アレクサ)に対応するが、家電などを制...

図3:Alexa(アレクサ)に対応するが、家電などを制御するスマートリモコンは別途必要

 部屋に設置するスマートスピーカーとして音質やデザインにもこだわります。球状のデザインを採用し、小型でも音を拡散しやすくしています。どこにいても同じような音が届くと言った効果も見込めます。
図4:場所を選ばないサウンド設計とデザイン

図4:場所を選ばないサウンド設計とデザイン

 設置場所に応じたサイズとカラーを用意します。サイズはLargeとSmallの2種類。色はWhiteとBlackの2色を用意します。なお、スピーカー部分は8色のカバーを別売りオプションとして用意。ライトベージュ、オレンジなどの色に変えることもできます。
図5:スピーカー部は8色の別売りカバーを用意する

図5:スピーカー部は8色の別売りカバーを用意する

 クラウドファンディングサイトで2023年3月12日まで先行予約販売を実施中です。価格はLargeが7万7800円、Smallが4万4800円です。なお、3月12日までの予約販売時は早割価格で販売します。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる