MENU

ニュース

人間工学に基づく左右分離型のメカニカルキーボード、用途に応じたキースイッチを選択可能

  • URLをコピーしました!

ぺリックスは2022年12月21日、PC用キーボード「エルゴノミクス・ゲーミングキーボード」を発表しました。人間工学に基づくデザインや、耐久性の高いメカニカルキーを採用します。仕事はもちろんゲームでの利用も想定します。

 「エルゴノミクス・ゲーミングキーボード」は、仕事やゲームで使うことを想定したメカニカルキーボード。最大の特徴は、人間工学に基づいた左右分離型キーレイアウトを採用する点です。一般的なキーボードの場合、キーは直線的に設計されています。これだとユーザーはタイピング時、肩が閉じて筋肉が緊張するほか、手首が曲がった状態になります。これに対し「エルゴノミクス・ゲーミングキーボード」では、自然に腕を机の上に置いた時の姿勢でタイピングでき、肩が開き手首がまっすぐになります。
図1:人間工学に基づく独自デザインが特徴的

図1:人間工学に基づく独自デザインが特徴的

 キーボードにパームレストも装備します。手首が浮いた状態でタイピングをすると腕や肩に力が入ってしまい、疲れがたまりやすくなります。そこで腕や肩に負担が少ない姿勢でキーボードを使用できるようにパームレストを取り付けます。  マクロと呼ぶ機能を備えるのも特徴です。これは、キーボードの操作を事前に入力した通りに再生する機能。最大4つまで登録可能で、頻繁に利用する特定の文字列などをすぐ入力できるのがメリットです。  そのほか、打鍵音や押下力に応じて3種類のキースイッチを選ぶこともできます。キーの軽さや反応の速さなどが異なるキースイッチを用意し、ユーザーが用途に応じて選択利用可能です。
図2:キーの軽さやクリック音などの異なる3種のキースイ...

図2:キーの軽さやクリック音などの異なる3種のキースイッチを選択利用可能

 言語配列は英語配列(107キー)、キーボードのサイズは47.4×20.2×4.4cm、接続インターフェイスはUSBタイプAです。発売価格は1万6999円(小売希望価格は1万9999円)です。  なお同社は今後、同キーボードのシリーズとして、有線接続のテンキーレスモデル、Bluetoothや/2.4GHz接続による無線モデルなどを随時販売する予定です。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる