MENU

ニュース

宿泊体験満足度1位の都道府県は? 宿の評価が良い都道府県をランキングで発表

  • URLをコピーしました!

TrustYouは2023年5月1日、「2019年〜2022年、宿の評価が良い都道府県ランキング TOP10」を発表しました。口コミを参考に、国内のホテルや旅館、民泊などの宿泊施設をスコア化。上位10の都道府県をランキング化しています。コロナ前後でランキング上位に変化が見られます。

 TrustYouが発表した「2019年~2022年、宿の評価が良い都道府県ランキング TOP10」は、日本国内の宿泊施設、ホテル、旅館、民泊施設、合計3万5361施設が対象。各都道府県の口コミから平均値を算出し、ランキング化したものです。そのため、宿泊施設数の多い都道府県は平均値が若干高くなる傾向があります。なお、クチコミ投稿が2019年〜2022年でゼロの宿泊施設は調査対象から除外しています。  2019年から022年までの過去4年分のランキングは下記の通りです。
図1:宿の評価が良い県(県別平均口コミスコア)TOP1...

図1:宿の評価が良い県(県別平均口コミスコア)TOP10(2019年~2022年)

 2022年の1位は愛媛県で、2021年に続いて2年連続で1位でした。2020年のコロナ禍以降を見ると、愛媛県のほか、大分県、熊本県、群馬県が上位を占めています。日本有数の温泉地を有する県が上位に入っていることが分かります。  一方、2019年の1位は岐阜県で、2位は岩手県、3位は奈良県でした。コロナ禍前の人気は、人気観光地が上位を占めています。京都府に限ると、2019年は4位でしたが、2022年はランク外となっています。  調査を実施したTrustYouは、口コミデータを分析。インサイトとして次の点を指摘します。
・2020年以降はコロナ禍で人混みを避けるという点で、大都市や人気のリゾート地ではなく、小規模でコンパクトな街や温泉街での宿泊体験の満足度が向上しています。例としては、愛媛県、鳥取県、大分県、熊本県、群馬県が上位にランクインした点から読み取れます。 ・近場で少し贅沢な旅行を楽しむ旅行者(マイクロツーリズム)が増え、人混みを避け、自然豊かな場所に位置する広めの客室を有する、比較的小規模なホテル、旅館で宿泊し、より良いサービスを受けることが満足度の高さに結びついているといえます。 ・熊本県と群馬県は、自然豊かな観光地(阿蘇、天草、軽井沢)や日本を代表する温泉街(黒川温泉、草津温泉、渋川伊香保温泉)が位置する県として、宿泊施設の満足度が安定して高いことが分かります。  TrustYouは今後も、旅行業界に有益な情報を発信していく予定です。
関連リンク
TrustYou株式会社
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる