MENU

ニュース

リスキリングに割く学習時間は20時間未満が約6割/UZUZ調べ

  • URLをコピーしました!

UZUZは2022年12月7日、リスキリングに関する調査結果を発表しました。同社の学習支援サービスを利用する134人を対象に、リスキリングの状況や目的などを聞いています。

 リスキリングの目的を聞いた結果が図1です。
図1:あなたのリスキリングの目的を教えてください。<複...

図1:あなたのリスキリングの目的を教えてください。<複数回答>

 「業務スキル向上、業務効率化のため」が37.9%でもっとも多く、「現職でのキャリアアップのため(昇格、異動)」(22.0%)、「転職のため」(18.9%)が続きます。  どれくらい学習時間を割いているのかを聞いた結果が図2です。
図2:学習時間はどのくらい確保していますか? <単一回答>

図2:学習時間はどのくらい確保していますか? <単一回答>

 「月に10時間以上20時間未満」が32.8%を占めます。2位は「月に10時間未満」(29.1%)で、20時間未満の人が約6割という結果でした。一方、「月に60時間以上」は11.9%で、約10人に1人は月に60時間もの時間を割いて勉強していることが分かります。  ではいつ学習しているのか。その結果が図3です。
図3:いつ学習していますか?<複数回答> 

図3:いつ学習していますか?<複数回答> 

 「就業後」は41.9%でもっとも多く、「休日」(30.0%)、「通勤中」(11.5%)が続きます。  これまでリスキリングにかけた費用の総額を聞いた結果が図4です。
図4:これまでにリスキリングにかけた費用総額はどのくら...

図4:これまでにリスキリングにかけた費用総額はどのくらいですか?<単一回答>

 「3万円未満」が59.7%で半数以上を占めます。2位は「3万円以上20万円未満」(30.6%)、3位は「20万円以上50万円未満」(5.2%)で、総額が増えるにつれて割合は低くなっています。  リスキリングで学んだことが業務などに活用できるているのかを聞いた結果が図5です。
図5:リスキリングで学んだことが、業務や自身のキャリア...

図5:リスキリングで学んだことが、業務や自身のキャリアにおいて「活用できている」と感じられますか?<単一回答>

 「ある程度は活用できている」が41.8%でもっとも多く、「非常に活用できている」(17.2%)、「やや活用できている」(23.1%)を合わせると約8割の人が活用できているといいます。  リスキリングに取り組む上での課題を聞いた結果が図6です。
図6:リスキリングを行う上で感じている課題を教えてくだ...

図6:リスキリングを行う上で感じている課題を教えてください。<複数回答>

 もっとも多かったのは「効率的な学習方法がわからない(どのようなツール、教材を使用したら効率的にリスキリングできるのかわからない)」で31.2%を占めます。「有効な学習対象がわからない(何を学習したら自分の目的が達成できるのかわからない)」(21.1%)、「学習時間をどのように確保したらいいのかわからない」(19.3%)といった回答の割合も高く、学習方法やノウハウなどが分からない人は少なくないようです。  どんなサポートがあればリスキリングを効率的に進められるようになると思うのかを聞いた結果が図7です。
図7:どのようなサポートがあれば、リスキリングの活用が...

図7:どのようなサポートがあれば、リスキリングの活用が進むと思いますか?<複数回答>

 「学習効果の改善(わからないこと、理解が浅いことを解消)」がもっとも多く、24.3%を占めます。2位は「リスキリングの目的、目標の整理」(19.0%)、3位は「リスキリングの具体的な学習内容、スケジュール策定」(17.5%)でした。前問の課題を解消する方法などを支援する仕組みやサービスを期待する声が多いようです。
関連リンク
株式会社UZUZ
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる