調査・リサーチ

    2022.04.07

    インターンシップ参加者を選考で優遇する企業は4割、学情調べ

    学情は2022年3月28日、「インターンシップ」に関する調査結果を発表しました。企業の採用担当者(1617社)を対象に、インターンシップと採用との連携や実施期間などについて聞いています。

     インターンシップと採用を連携させているかを聞いた結果が図1です。
    図1:インターンシップと採用の連携

    図1:インターンシップと採用の連携

     「通常選考で優遇まではしないが、インターンシップ参加者限定の情報提供やセミナー等を実施している」が33.5%でもっとも多くなっています。選考を優遇せずとも限定の情報を提供するケースが多いことが分かります。一方、「インターンシップ参加者は通常選考で優遇する」(31.9%)と「インターンシップ内で選考・内定出しを行っている」(8.8%)と合わせると、約4割の企業が「優遇している」と回答しています。

     インターンシップをいつごろ実施するのか。期間を聞いた結果が図2です。
    図2:2024年卒対象インターンシップの実施時期(複数...

    図2:2024年卒対象インターンシップの実施時期(複数回答可)

     2024年卒の学生を対象にした場合、「3年生の7~9月」が44.3%でもっとも多く、「3年生の12~1月」(40.4%)が続きます。夏休みや冬休みなど、長期休暇に合わせて実施する予定の企業が多いことが分かります。

     では、大学1、2年生などの低学年を対象としたインターンシップの実施状況はどうか。その結果が図3です。
    図3:低学年(大学1・2年生等)対象のインターンシップ...

    図3:低学年(大学1・2年生等)対象のインターンシップ実施状況

     「3年生対象のインターンシップに1・2年生も受け入れている」と回答した企業が44.1%に上ります。4割以上の企業が、大学1・2年生にもインターンシップの機会を提供していることが分かります。一方、「1・2年生限定のインターンシップを実施している」と回答した企業は2.1%に留まりました。
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    調査・リサーチ