人材・組織

    2022.02.07

    信濃毎日新聞、日帰り登山などを盛り込んだ企業研修「信州アウトドア研修」を提供開始

    信濃毎日新聞は2022年1月26日、野外でのアクティビティを取り入れた企業研修「信州アウトドア研修」の事業を開始したことを発表しました。日帰り登山や公園での活動といったASE(Action Socialization Experience)研修に基づくものです。多種多様な課題にチームで取り組み、短時間での集団成熟を促します。それにより、チーム全体やメンバーの課題への取り組み方が可視化されます。新型コロナウイルス禍でオンライン方式の企業研修が目立つ中、対面で行うことで、座学とは異なる成果が期待できる研修として各企業などに提案します。

     1873(明治6)年創刊の信濃毎日新聞社は、長野県を発行エリアとしています。信州(長野県)には、日帰りの登山や、ハイキングなどで楽しめる山が数多くあります。

     今回、同社が開始した「信州アウトドア研修」は、野外教育学の論理であるASE研修に基づくものです。ASEは、以下の単語の頭文字からなります。

    ・Action:実際的活動
    ・Socialization:社会化
    ・Experience:体験

     ASE研修とは、身体的・心理的な負荷がある課題を、意図的に作り出した活動のことです。今回の研修では、年齢も体力も異なる職場の上司や部下が、自然の中で起きる予期せぬ出来事に遭遇しながら、一緒に目標の達成を目指します。

     ビジネスの現場と同じく、チームのメンバーはさまざまな選択肢を検討し、議論を重ね、納得できる方策を見出さなければなりません。その過程で、一人ひとりのコミュニケーション力やリーダーシップが鍛えられるというものです。

     同研修は、2日間程度で、希望に応じて設計します。企業のニーズを聞き取ってつくるオーダーメードが基本です。日帰り登山やハイキング、スノーシュー、公園でのアクティビティなどに加え、バーベキューや焚き火トークなどのレクリエーションも組み合わせたプランも展開できます。また、社内のコミュニケーション活性化や、福利厚生を重視した内容でも提案可能です。

     さらに、オーダーメード以外に、リーダーシップの養成を目指す管理職研修などもあります。研修テーマや日時、場所を決め、複数の企業から募る「異業種参加」の形式でも行います。初回は2022年4月に予定しています。

     「信州アウトドア研修」の概要は、以下の表の通りです。
    4~8人のチームに講師が1人ついて実施
    ◆研修テーマ例 ・チームビルディング研修(既存部署の活性化、新規プロジェクト立ち上げ時、スタートアップ企業など)
    ・リーダーシップ養成研修(管理職対象など)
    ・社会人基礎力向上研修(新入社員対象など)
    ◆期待できる研修効果 ・決断力 ・コミュニケーション力 ・状況判断力 ・挑戦する力 ・自己肯定感 ・レジリエンス ・他者理解 など
    ◆研修場所 長野県内の低山(受講者の体力などに応じて決定)、公園や体育館、会議室など
    ◆研修料金 受講者1人1日3~5万円程度(企画・下見費、講師人件費、個人報告書作成費、保険料などを含め)
    ※オーダーメードのため、参加人数などによって異なります。

    【研修スケジュール例】

    ▼1日目
    9:00 集合、研修ガイダンス(目標設定など)
    公園に移動してASE研修①
    12:00 昼食
    13:00 ASE研修②
    15:00 翌日の登山計画づくり
    17:00 解散 または宿泊施設に移動(バーベキュー、焚き火トークなど)
    ▼2日目
    登山開始
    昼食
    15:00 ゴール、研修の振り返り、職場での実践目標確認
    (後日、講師が受講者ごとの研修報告書を作成)
    17:00 解散
    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織