人材・組織

    2022.02.18

    アーティエンス、組織改革を主導するファシリテーター育成を目的とした管理職向け研修講座

    アーティエンスは2022年2月17日、研修サービス「会議の質を上げて、組織変革を推進する!!社内ファシリテーター育成コース」を発表しました。社内ファシリテーターの育成を支援し、会議・勉強会を起点とした組織変革を進められるようにします。

     「会議の質を上げて、組織変革を推進する!!社内ファシリテーター育成コース」は、組織改革に携わる管理職を対象とした研修用の講座。ファシリテーターを育成し、社内での対話や議論の場を活性化して円滑な組織改革を目指します。講座では、ファシリテーターの役割やメリット、組織改革をどう進めるのかなどを学びます。具体的には次の内容を学びます。
    ・ファシリテーターとは何者か?
    ・会議体・勉強会のデザインを学ぶ
    ・自身のファシリテーターの特性を知る
    ・場のホールドの仕方を学ぶ
    ・相互作用の創り方を学ぶ
    ・議論を構造化する方法を学ぶ
    ・意思決定の扱い方を学ぶ
    ・自身の内的システムを捉える
    図1:社内ファシリテーター育成コースの内容

    図1:社内ファシリテーター育成コースの内容

     研修期間は8カ月。学んだことを毎月検証し、結果を振り返る機会を設けます。講師を派遣して講座を実施する場合、講義内容をカスタマイズすることも可能です。

     料金は、3万円/1枠(※1日1人の研修講座を1枠とカウント)です。例えば1人の管理職が半日研修を12枠受ける場合、総枠数は12枠×0.5(半日)=6枠となります。12枠受ける場合の1枠あたりの単価は2万5000円で、合計額は「6枠×2万5000円=15万円」となります。追加で受講する人を増やすといった場合も料金が加算されます。なお、派遣による研修を実施する場合、ファシリテーターの料金は1時間10万円、サブファシリテーターの料金は1時間2万円です。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織