人材・組織

    2022.04.12

    EVeM、スタートアップ企業の組織マネジメント育成を支援するパートナープログラム

    マネジメント支援事業を手掛けるEVeM(イーブン)は2022年4月5日、ベンチャーキャピタルを中心としたパートナー企業と提携する「EVeMパートナープログラム」を開始したことを発表しました。同プログラムは、パートナー企業と提携し共同でスタートアップ企業・ベンチャー企業のマネジメント育成支援を目指すものです。同プログラムでは、提携パートナーの支援先企業向けに特別プランを提供するほか、マネジメント・組織開発に関する事例、情報公開を行います。それにより、スタートアップ・ベンチャーのマネジメント育成支援をさらに推進していきます。

     EVeMは、ベンチャー企業に「マネジメントの型をインストールする」ことを目的として2020年8月に設立されました。教育事業を展開し、個人および法人にマネジメントトレーニングを提供しています。今回、同社は、ベンチャーキャピタルを中心としたパートナー企業と提携する「EVeMパートナープログラム」の提供を開始しました。

     発表によればこれまで、数多くのベンチャーキャピタルが、スタートアップ支援の一環として、経営、人材獲得、マーケティング、営業などの企業支援を展開してきました。しかし、事業拡大に伴う「組織マネジメント」については、支援が困難な課題であり、サポートが難しい領域だったといいます。

     今回、スタートアップ企業・ベンチャー企業のマネジメント育成実績を持つ同社と、ベンチャーキャピタルが連携し同プログラムを提供することで、スタートアップのさらなる事業成長に貢献することを目指します。

     同プログラムを立ち上げた理由について、同社では、下記のような理由を挙げています。

    ・ベンチャーでの実体験に基づく理論:一般的かつ抽象的なマネジメント理論ではなく、資本が限られているスタートアップ企業、ベンチャー企業で実践することを見据えたプログラムを展開
    ・実践にフォーカスしたプログラム構成:実践で使用可能なキットに加え、講師陣による実践促進のサポートも用意
    ・数多くのベンチャー企業におけるマネジメントデータを保有:(同社発表時点で)法人約50社、受講累計人数200名以上のベンチャー企業におけるマネジメントの育成支援を実施。その研修から蓄積されたベンチャーならではのマネジメント課題およびそれに伴う解決方法や組織開発におけるデータを保有

     同プログラムでは、これからの時代を創るスタートアップ企業・ベンチャー企業の組織基盤強化の支援を行うことを目的として、ベンチャーキャピタルを中心とした各パートナーと連携していきます。公式パートナーには、以下の特典が提供されるとのことです。

    ・法人プラン「EVeM for Business」特別価格紹介権利
    ・個人スクール「Emo」特別価格紹介権利
    ・EVeM各社パートナーとの交流会(不定期)に招待
    ※内容については変更される可能性があります。

     なお、発表時のパートナー参画企業は以下の通りです(50音順)。
    ・East Ventures/コムレイズ・インキュベート/StartPass/デジタルガレージ/デライト・ベンチャーズ/東京大学エッジキャピタルパートナーズ/事業人/W ventures/mint/POLA ORBIS CAPITAL/ライフタイムベンチャーズ ほか
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織