人材・組織

    2022.06.03

    リコーがジョブ型人事制度を一斉導入、人材の停滞払拭で組織を活性化

    職務に応じたスキルや経験を持つ人を採用するジョブ型人事制度。日本企業旧来の人事制度から脱却する手段として注目される中、リコーが一斉導入を決めました。その狙いとは。人事制度を刷新することで何が変わるのでしょうか。

     多くの日本企業は「メンバーシップ型」と呼ぶ雇用/人事制度を導入しています。これは、入社後にさまざまな部署でいろいろな経験を積ませたのち、その人の適性を見極めた上で適した部署に配置する方法です。しかし今、こうした制度を廃止する動きが出始めています。職務に応じた人を採用する「ジョブ型人事制度」を導入し、成果主義へを舵を切る企業が目立つようになっています。

     リコーもジョブ型人事制度を導入した一社です。同社はなぜ、人事制度の刷新に踏み切ったのか。以下のリンクでは、リコーの人事制度改革や、管理職を対象とした研修環境構築の背景などを読み取れます。ぜひ、ご参考にご覧ください。
    2 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織