人材・組織

    2022.05.11

    フューチャーアーキテクト、3ステップでDX人材育成とDX内製化を支援するサービス

    フューチャーアーキテクトは2022年4月25日、「DX人材・組織育成サービス」を発表しました。DXを自社内で推進するための人材育成と組織づくりを支援します。サービスは2022年4月より提供開始します。

     「DX人材・組織育成サービス」は、DX推進に必要なSoE(System of Engagement)とSoR(System of Record)の2つの領域の育成アプローチを体系化したもの。育成アプローチは、「チームの基盤をつくる」「チームの実績をつくる」「チームをマネジメントする」の3ステップを用意し、現状分析から課題抽出、行動計画の立案、実行までを組織として実現するプログラムを用意します。
    図1:「DX人材・組織育成サービス」のフレームワーク

    図1:「DX人材・組織育成サービス」のフレームワーク

     サービスの主な特徴は次の通りです。
    ・IT戦略がビジネスと業務を牽引できるよう、最適な仕組み作りを綿密に計画
    ・自社内にナレッジを蓄積しながらDX推進へ向けた組織強化を内側から支援
    ・経営、業務、ITの三位一体改革をDXと捉え、お客様に伴走しながらビジネスデザインから実装までを一貫してサポート

     顧客の課題や現状に応じたエキスパートがデジタル戦略の実行に必要な戦略組織の立ち上げとレベルアップを促し、最適な組織づくりとDX推進の内製化を支援します。

     同社は今後も顧客と長期的なパートナーシップのもと、経営とITを両輪にDXを推進し、未来に新たな価値を創造する考えです。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織