人材・組織

    2022.06.07

    シングルマザーの就労を支援、ITスキルを学べる教育プログラム

    一般社団法人グラミン日本は2022年5月31日、ITスキルを習得できる教育プログラム「でじたる女子」を発表しました。シングルマザーを対象に、RPAやSAPを学べるプログラムを提供します。

     「でじたる女子」は、シングルマザーを対象にしたデジタル人材育成・就労支援プロジェクト。新型コロナウイルス感染症などの影響でシングルマザーの就労機会が減る中、実務に通じたスキルアップやキャリアアップの機会を創出し、シングルマザーの経済的自立を支援します。

     「でじたる女子」では、グラミン日本がMAIAや一般社団法人日本シングルマザー支援協会と連携してプログラムを提供します。グラミン日本がマインドセット研修や金融教育を実施するほか、MAIAが提供するe-Learningを使って「RPA」や「SAP」などのITスキルの習得機会を提供します。
     受講期間は3カ月で、プログラムはすべてオンラインで実施します。習得する内容は次の通りです。
    ●共通学習
    ・金融トレーニング(基礎的な金融知識や資産形成に関する内容)
    ・ビジネス基礎(ロジカルシンキングやタスク管理など)
    ・テレワーク基礎(オンライン会議システムやSlackなどITツールの使用方法)

    ●ITスキルプログラム(※下記2コースより選択)
    ・RPAラーニング(合計160時間)
    ・SAPラーニング(合計180時間)

     受講期間中はメンタリング・キャリアサポートも実施します。月に一度、1on1形式を面談を実施するほか、5人1組形式の振り返りミーティングを週に一度開催します。

     受講後はキャリアカウンセリングを経て、クライアントのプロジェクトへのアサインなどの就労機会をマッチングします。SAPジャパンが提供するソーシャル・リクルーティング・プラットフォーム「SAP Fieldglass」を使い、対象者の案件受託支援も実施します。

     なお、一定の条件を満たす人に限り、受講費用は無料です。さらに3カ月間の受講期間は雇用契約となり、報酬を得ることもできます。主な条件は、「プログラム受講終了時点で45歳未満の方」「コロナの影響を受けて収入が減少、または無収入の方」「他の行政サポートとの過度な重複がないこと」などです。
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織