市場動向

    2022.05.12

    BPM、建物や設備の施工データを分析して業務改善に役立てるDX支援サービスを提供開始

    BPMは2022年4月25日、建物や設備のメンテナンスに特化したDX支援サービスを発表しました。建物・設備メンテナンス業の施工履歴データを収集、分析、活用する業界特化型のDX支援サービスを提供します。サービスは、日本トータルテレマーケティングと共同で運営します。

     BPMは、メンテナンス施工マネジメントサービスを提供する会社。賃貸住宅をはじめとする建物・設備のメンテナンスに関してさまざまななノウハウを蓄積しています。自社開発のクラウドサービス「Qosmos」を展開し、現場業務の効率化とデータ活用支援にも取り組んでいます。

     日本トータルテレマーケティングは、コンタクトセンター事業・フルフィルメント事業を展開する会社。EC総合支援サービス、公共BPOサービスも手掛け、顧客企業の課題に応じたソリューション提供を強みにしています。

     今回、両社が共同で建設・設備メンテナンス向けのDX支援サービスを提供開始します。日本トータルテレマーケティングによるコンタクトセンターサービスに特化したオペレーション体制を基盤とし、BPMの「Qosmos」を用いたメンテナンス施工マネジメントのノウハウを組み合わせています。建物・設備の故障、トラブル、交換依頼などの問い合わせ受け付けから、工事手配、施工完了のレポーティング作業、工事情報のデジタル化まで対応します。メンテナンスに関する業務を一括で提供することで、顧客の業務負荷を軽減するほか、施工データを活用した業務変革も支援します。

     共同運営の第一弾として、賃貸管理会社向けの支援サービス「Qosmos Assist」を強化し、顧客のデータ活用を支援していきます。入居者からの設備トラブル・修繕の受付から施工完了報告のレポーティングまでを請け負う中で施工データを蓄積し、物件管理業務の改善を支援します。
    図1:「Qosmos Assist」の利用イメージ

    図1:「Qosmos Assist」の利用イメージ

     両社は今後、住宅、商業施設、ビル、工場などの建物・設備向けにサービスを拡大し、メンテナンス業界全体のDXに取り組む考えです。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向