市場動向

    2021.10.29

    東急不動産など、東京都港区の交通課題解決に向け“グリーンスローモビリティ”の実証実験

    東急不動産、JR東日本、竹芝エリアマネジメント、MONET Technologies、KDDI、kmモビリティサービスは2021年10月27日、「都心区における旅行者・居住者向けマイクロツーリズムの実証実験」について発表しました。同実証実験は、グリーンスローモビリティを活用して、東京都港区の交通課題の解決を目指すものです。2021年11月12日から12月6日まで、港区の浜松町・竹芝エリア、および高輪・白金・白金台エリアにおいて、「グリーンスローモビリティ」を運行します。それにより、地域の交通課題解決と、旅行者・居住者が近隣地域の観光を楽しむ「マイクロツーリズム」促進による地域の活性化を目指します。同実証実験は、国土交通省(委託先:復建調査設計)の公募に対し、事業主体である東京都港区と連携して提案したもので、2021年9月10日に採択されました。

     「グリーンスローモビリティ」(通称:グリスロ)とは、「時速20㎞未満で公道を走ることができる電動車を活用した小さな移動サービス」のことを指します。環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能な点が特徴です。そのため観光客の周遊や、高齢者の移動手段の確保など、地域の事情に合わせて活用することができます。地域が抱える交通課題解決と、脱炭素社会の確立を同時に実現できる新たなモビリティとして、期待を集めています。

     今回の実証実験の対象エリアでは、南北方向の移動手段が充実しているのに対し、東西方向の移動手段および移動効率が低いという交通課題があるといいます。また、以下のように、それぞれの地形特性による課題もあります。

    ・浜松町・竹芝エリアは海に囲まれているため回遊性が低い
    ・高輪・白金・白金台エリアは道幅が狭く急勾配な坂道が多い

     グリーンスローモビリティの以下の特徴により、両エリアが抱える交通課題の解決につながることが期待されます。

    ・環境性能の高さ
    ・コンパクトさ
    ・乗降のしやすさ

     また、事業主体である港区は「港区基本計画」などにおいて「ゼロカーボンシティ」を目指していくことを掲げています。具体的な施策として、小型モビリティの導入検討や、環境負荷の少ない車両の運行などを挙げています。今回の実証実験を通して、都心における新たなモビリティ活用の可能性を検証するとともに、マイクロツーリズムの促進を図り、両エリアの活性化につなげることを目指します。

     それぞれのエリアでの実証実験の概要は以下の通りです。

    【浜松町・竹芝エリア】
    ・コンセプト:「行きたい場所へ気軽に行ける」を体験する
    ・特徴:オンデマンドモビリティにより、浜松町・竹芝エリアにおけるラストワンマイルの移動手段を提供
    ・日程:2021年11月12日(金)~2021年11月22日(月)各日10:00~16:00(予定)
    ・運行ルート:東京タワー(停留所①)→港区役所(停留所②)→浜松町駅前(停留所③)→ウォーターズ竹芝(停留所④)→東京ポートシティ竹芝(停留所⑤)→ホテル インターコンチネンタル東京ベイ(停留所⑥)
    ・乗車予約方法:MONET Technologies(以下、MONET)が提供するスマホアプリで、乗車・降車する停留所を選択の上、日時や人数などを入力して乗車予約する
     ※利用希望日の7日前から予約が可能です。当日は、利用希望時刻の15分前までに予約をしてください。
    図1:浜松町・竹芝エリアでの実証実験運行ルート

    図1:浜松町・竹芝エリアでの実証実験運行ルート

    【高輪・白金・白金台エリア】
    ・コンセプト:「新しいヒト・コトとの出会いや、社会とのつながりを感じることを通じて高齢者が地域で生き生きと暮らす」
    ・特徴:1周約30分、60分の2種類のルートを設け、乗客同士のコミュニケーションが弾むような限定コンテンツを提供
    ・日程:2021年11月24日(水)~2021年12月6日(月)各日7:00~17:00(予定)
    ・主な停留所:高輪ゲートウェイ駅(停留所①)/八芳園(停留所⑥)/グランドプリンスホテル高輪(停留所⑦)
    ・乗車予約方法:予約期間内にQRコード(港区Webページ)を読み込み、プランを確認のうえ、その先の予約フォームより申し込む
    ・予約期間:2021年11月1日(月)~2021年11月14日(日)23:59
    図2:高輪・白金・白金台エリアでの実証実験運行ルート

    図2:高輪・白金・白金台エリアでの実証実験運行ルート

     なお、高輪・白金・白金台エリアでの実証実験は、JR東日本とKDDIが、場所や時間にとらわれない「くらし」を実現する「空間自在プロジェクト」の一環として取り組んでいます。コアシティとなる品川開発プロジェクトにおけるくらしづくりに活用していく予定です。

     同実証実験の実施体制は、以下の通りです。
    エリア 浜松町・竹芝 高輪・白金・白金台
    事業主体 東京都港区
    運営 東急不動産株式会社
    一般社団法人竹芝エリアマネジメント
    東日本旅客鉄道株式会社
    乗降管理システム MONET Technologies 株式会社 KDDI 株式会社
    運行 株式会社 km モビリティサービス
    運行車両 エナジーシステムサービスジャパン株式会社製4人乗りカートタイプ
    6 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向