市場動向

    2021.12.01

    会員証を低コストでデジタル化、ディップが飲食店の顧客獲得を支援するサービスを発表

    ディップは2021年12月1日、会員証サービス「常連コボットfor LINE」を発表しました。会員証をリアルカードからデジタル化したいと考える飲食店に向きます。常連顧客の獲得と顧客数増加を支援します。

     「常連コボットfor LINE」は、LINEミニアプリを使って飲食店の常連顧客獲得につなげるサービス。リアルカードの会員証に代わって本サービスが会員証として利用できるようになります。本サービスを導入する飲食店にとっては、会員証のデジタル化に伴う開発コストを抑えられるのがメリットです。LINEアカウントに会員証を紐づけるため、新たな会員登録作業は不要で、会員登録する利用者側の負担が少ないのもメリットです。

     利用者は飲食店来店時にQRを読み取ることでポイントをためることが可能です。友人や知人を紹介してもポイントが付与されます。こうしたポイントカードとして利用できるのはもとより、任意の割引クーポンを発行する機能も備えます。
    図1:利用者は来店ポイントや友達紹介ポイントの取得、ク...

    図1:利用者は来店ポイントや友達紹介ポイントの取得、クーポン獲得が可能

     なお同社は、本サービスを申し込む飲食店向けに、初期設定などを代行するサービスも用意します。LINEの公式アカウント取得やアイコン設定、プロフィール情報の登録、リッチメニューの追加などを設定します。さらに追加オプションとして、LINEトークの配信を代行するサービスも用意します。忙しくて運用するのが難しい飲食店向けに、文章の作成やメッセージ内容に沿う画像の用意などを代行します。

     「常連コボットfor LINE」の月額料金は9800円(税別)。初期費用は無料です。追加オプションの「LINEトークの配信代行サービス」の月額料金は9800円(税別)です。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向