市場動向

    2021.10.29

    サン電子とNTTドコモ、複数のスマートグラスに対応する遠隔業務支援ソリューション

    サン電子とNTTドコモは2021年10月27日、遠隔作業支援ソリューション「AceReal Assist」を発表しました。スマートグラスを使った遠隔作業支援ソリューション「AceReal for docomo」の内容を拡充し、マルチデバイス化などしてパッケージ化しました。同日より提供を開始します。

     「AceReal Assist」は、建設現場や工場などの現場での利用を想定する業務支援ソリューション。作業現場のスタッフがスマートグラスを装着し、現場にいながら必要な情報にアクセスできるようにします。「AceReal for docomo」の基本機能を踏襲し、これまで選択できなかったスマートグラスの機種と契約期間をカスタマイズできるようにしています。マルチデバイス対応により、現場作業者は軽量なタイプや防爆対応のタイプなどのスマートグラスを選択利用することが可能です。スマートグラスとスマートグラス間でビデオ通話が可能なほか、現場の通信環境に合わせて、ビデオ通話の品質を自動で調整する機能なども備えます。
    図1:「AceReal Assist」の主な機能

    図1:「AceReal Assist」の主な機能

     なお対応するスマートグラスは次の通りです。
    「HMT-1、HMT-1Z1」(RealWear製)
    「AceReal One」(サン電子製)
    「Everysight Smartglasses」(Everysight製)
    「Glass Enterprise Edition 2」(Google製。2021年12月以降に対応予定)
    図2:対応するスマートグラス

    図2:対応するスマートグラス

     これらの対応スマートグラスを選択するほか、アプリケーション「AceReal Assist」、備品(スマートグラスにより内容は異なる)、初期キッティング、専用サポートデスクをセットにしたソリューションとして提供します。

     なお、業務を遠隔から指示する支援者側のデバイスは、Windowsに加えてmacOSやモバイルも利用も可能です。iOSは2021年11月下旬以降に対応予定です。支援者側のデバイスに専用ソフトウエアは不要で、Webブラウザを使って利用できます。

     ソリューションの価格は、初期費用は0円から、月額料金が2万5800円から(税別)です。セキュアな通信環境を構築する場合、ドコモの携帯電話回線の利用料が別途かかります。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向