市場動向

    2022.07.01

    ラピュタロボティクス、ピッキングロボットを活用した物流デモ施設オープン

    ラピュタロボティクスは2022年6月28日、ロボットを活用した物流のでも施設を発表しました。東京都江東区木場の新オフィスに併設し、約400平方メートルの規模を誇ります。運送業や倉庫業者向けに、ロボットを活用した省力化・ 省人化の取り組みを視察できます。

     ラピュタロボティクスが開設したデモ施設は、運送業や倉庫業などを展開する事業者向け。約20から25台のロボットを常備し、これまで人手に頼っていたピッキング作業をサポートします。労働力不足が加速する中、自動化により倉庫業務などを省力化・省人化できるようにします。

     使用するロボットは同社の「ラピュタPA-AMR」。AIで制御し、複数台のロボットが最適なルートで荷物を搬送します。
    図1:デモ施設内の様子

    図1:デモ施設内の様子

     なお同社は、「ラピュタPA-AMR」をAIで制御するプラットフォーム「rapyuta.io」も開発します。ロボットとプラットフォームを組み合わせた自動化ソリューションの導入や運用を支援することで、運送業や倉庫業の自動化をサポートします。

     同社では、国籍を問わず専門分野のプロフェッショナルが約120人勤務します。高い開発技術力を誇るエンジニアとバイリンガルでロボティクスに精通した営業チームにより、顧客に最適なソリューションを提案できるようにしています。
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向