市場動向

    2022.06.02

    「DX=IT」は誤解、経営者はDXの本質を正しく理解せよ

    DXの必要性が叫ばれて久しいものの、一方で「DXって何?」「ITと何が違うの?」と十分理解していない人がいるのも事実。なぜDXなのか。なぜ必要なのか。理解するには、DXの目的や効果を正しく把握することが欠かせません。

     DXと言うと、「ITシステムを導入しよう」「情報システム部門を新設し、ITに精通する人材を採用しよう」などと考えがちです。しかし、これらの施策では、DXは必ずしも成功しません。DXを進めるなら、経営者の正しい理解が不可欠です。ITとDXで何が違うのかも当然把握すべきです。

     DXに取り組みだすなら、もう「待ったなし」です。新型コロナウイルス感染症のまん延を機に、多くの企業がデジタル化に舵を切りましたが、この動きを好機と捉え、一気にDXを進めるべきです。

     以下のリンクでは、DXが必要な理由や取り組むことによる効果、さらには経済産業省が2018年に提唱した「2025年の崖」などを紹介しています。DXの全容を把握する上でもぜひ参考にしてください。
    2 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向