市場動向

    2021.10.19

    paizaとバンタン、中高生向けのプログラミング共通テストを2022年1月開催

    paizaは2021年10月18日、中高生向けのプログラミング共通テスト「P共通テスト」を開始することを発表しました。中高生のプログラミング能力向上を目指し、急速に進むデジタル社会が抱えるIT人材不足をサポートするのが狙いです。バンタンと協業して実施します。

     「P共通テスト」は、プログラミングの初学者からITエンジニアを目指して学習する人までの中高生が対象。自分のスキルがプロのスキルに対してどのレベルなのかを把握できるのが特徴です。問題作成には、2022年度から始まる高校の情報科の科目「情報Ⅰ・情報Ⅱ」を考慮し、今後導入を予定する「大学共通テスト」の実力を測るテストとしての用途も想定します。

     今回のテスト実施に際し、paizaはバンタンと協業します。paizaは問題の監修と採点を担当するほか、「paizaスキルチェック」のシステムをバンタンに提供します。

    「P共通テスト」の概要は次の通りです。
    実施日:2022年1月22日(土)13時~14時30分(90分)
    受験資格:中学生・高校生・高専生(4年生除く)
    受験費用:無料
    受験の流れ:
    1.受験の申込(無料)
    2.paizaラーニングへの登録(無料・任意)
    3.P共通テストサイト(paizaラーニング for TEAM)の登録
    4.サイト内容の確認
    5.試験の最終案内(12月頃予定)
    6.試験本番前にログイン

     paizaは今後、IT人材の育成・創成を目指し、スキルチェックをはじめとした当社サービスについて、企業への提供や協業に幅広く取り組む考えです。「P共通テスト」を将来的には、漢字や英語の検定のように、中高生がプログラミングスキルを測る共通テストとして一般に広く定着させることも視野に入れます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向