市場動向

    2022.05.30

    Alphakt、デジタルマーケティングの課題を解決する人材をマッチングするプラットフォームを提供開始/#プロジェクト

    Alphaktは2022年5月23日、マッチングサービス「スキルバ」を発表しました。企業のデジタルマーケティングの課題と、その課題を解決する人材をマッチングします。課題を解決する人材の募集も合わせて開始します。

     「スキルバ」は、デジタルマーケティングの課題と課題を解決できる人材をつなぐプラットフォーム。プロジェクト単位でマッチングするのが特徴で、主にフリーランスや兼業・複業人材がプロジェクト単位で参画するケースを想定します。スキルバを利用する企業は、自社で獲得が困難な人材の採用やコストを抑えた人材登用が可能です。課題解決に乗り出す人は、新しい知識やスキルの習得、時間を有効活用した副収入獲得などのメリットを見込めます。
    図1:スキルバの利用イメージ

    図1:スキルバの利用イメージ

     スキルバでは、専属コンサルタントが各プロジェクトに応じた人材をマッチングします。人は与えられたミッションに集中でき、企業は最短で本質的な課題解決を図れます。企業側、人材側の特徴は次の通りです。

    企業側
    ・適切な課題の再定義
    課題を再定義することがスキルバの特徴です。課題特定のための徹底したリサーチやそれに応じた結果のアウトプット含め、企業の課題を言語化し、ステークホルダーとの関係値なども踏まえたうえで、どのようなプロセスを経て課題解決に導くのが最適かを現場担当者に伴走しながら設計します。

    ・チーム組成
    課題の最適なソリューションをプランニングする中で、適切な人材をアサインします。専属コンサルタントとしてプロジェクト・マネジャーや実行支援チームの付帯、必要な場合には企業内の各部署との調整、体制整備なども進めます。プロジェクト完了後も、持続的な組織のインハウス化に向けた採用を支援します。

    ・最短3営業日でのプロジェクト開始
    課題の特定から最短3営業日で適切な人材をアサインし、プロジェクトチームを組成します。プランニングから実行までのスピードを担保することで、最短及び最小工数でプロジェクト検証までのループを回します。

    タレント側
    ・専属コンサルタントが厳選プロジェクトを紹介
    該当プロジェクトを担当している専属コンサルタントは事前に人材との面談を通して、現状のスキル、今後のキャリアや価値観などを加味し、特性に合ったプロジェクトを紹介します。スキルバ側で独自のプロジェクト審査基準を持ち、社会的意義のあるプロジェクトや、成長環境を用意できるようなプロジェクトなど、やりがいとビジョンを持って取り組めるプロジェクトを紹介します。

    ・業務に集中し課題解決にコミット可能
    人材は「企業と相性が合わない」、「意思決定フローの特定や関係値構築に時間がかかる」などの課題感を抑え、業務に集中し、課題解決にコミットできます。

    ・専属コンサルタントがタレントに伴走しながらチームで課題解決にコミット
    スキルバでは、プロジェクトと人材をマッチングさせて終わりではありません。必ず専属のコンサルタントおよびチームが伴走しながら、プロジェクトの課題解決に向けてコミットします。

     なおスキルバは、2021年10月よりβ版を提供しています。2022年4月時点で、累計500名以上の人材登録と面談を実施しています。企業プロジェクト数は累計60社、80案件を超えます。主なプロジェクト事例は次の通りです。
    ・ECブランドの新規開発
    ・小売店のDX化支援
    ・新規事業開発の評価制度設計
    ・BtoBマーケティング組織の構築
    ・インサイドセールスチームの構築
    ・データ分析組織の構築
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向