市場動向

    2021.10.22

    ARを子供の新たな遊び体験に、イオンファンタジーなどが店舗で実証実験開始

    イオンファンタジーとソニー・ミュージックソリューションズは2021年10月21日、AR(拡張現実)を活用した新しい子どもの遊びについての実証実験を共同で開始すると発表しました。「あそび」と「まなび」を掛け合わせた「エデュテイメント」コンテンツをAR上で表示します。そして「いつものお店だけどいつもと違う遊び方」を子どもたちに提案します。実証実験の第一弾として、イオンファンタジーが運営するキッズーナ大宮店において、子どもたちがタブレットを使用して遊べるAR上のコンテンツを新規導入します。同実証実験は、2021年10月25日より開始します。

     イオンファンタジーは、イオンモールやその他のショッピングセンター内にあるアミューズメント施設や、子どもたちのための屋内プレイグラウンド施設を、日本とアジアの国々に展開しています。その中で「キッズーナ」は、「お子さまの成長を育みながら、親子で安心して遊んでいただきたい」という思いのもと、2010年に誕生した屋内施設です。日本流のホスピタリティ、厳選した遊具、子どもたちの創造性や社会性を育みながら親子で一緒に楽しめる体験を目指しています。

     一方、ソニー・ミュージックソリューションズは、ソニーミュージックグループのソリューション事業を統合した会社です。アーティストやクリエイター、エンタテインメント業界などクライアントの夢や要望を実現し、ビジネスを拡大するための「解決方法」を、複数のソリューションを組み合わせて提供します。今回、ソニーセミコンダクタソリューションズの提供する「AR MAPソリューション」により、新たな体験ソリューションを提案しています。

     AR MAPソリューションは、センシング技術とAI技術を活用した位置推定機能により、高性能なAR体験を実現可能にするものです。ソニー・ミュージックソリューションズとソニーセミコンダクタソリューションズの協業を通じ、店舗などの実空間におけるリアルとデジタルの融合で、新たな購入体験の価値を提供します。AR MAPソリューションは、2021年3月に開催された第50回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2021」で初公開されました。

     イオンファンタジーとソニー・ミュージックソリューションズの両社は今回、AR MAPソリューションを活用し、新しい子どもの遊びについての実証実験を共同で開始します。キッズーナ大宮店において、「いつものお店だけどいつもと違う遊び方」を子どもたちに提案します。また、ARで表示された生き物やモノへの興味を引き出し、それに関わる物販やデジタルコンテンツへの導入を促す新しいマーケティングの実証実験も行います。

     一例として「キッズーナARどうぶつえん」では、店舗内でタブレットをかざすと、実物大の大きさの動物がAR上で表示されます。例えば、普段会うことのできないクジラなどの生き物の真横に立つことができます。そして、実際の大きさを体験しながら記念写真を撮ることもできます。また、動物に関わるクイズも出題され、動物への興味関心を引き出す効果が期待できます。
    図1:「キッズーナARどうぶつえん」の実証実験

    図1:「キッズーナARどうぶつえん」の実証実験

    図2:「キッズーナARどうぶつえん」でのAR活用イメージ

    図2:「キッズーナARどうぶつえん」でのAR活用イメージ

     また、「なりきりタウン」(お店屋さんごっこができる遊び)では、AR上で巨大なアイスやお寿司を作ることができます。それにより、普段とは違った驚きと楽しさが体験できます。また、そこで撮った写真をスタッフに見せると、イオン大宮店の他テナントで使えるアイスやお寿司のクーポン券がもらえます。店舗から出た後の楽しみにつながる効果があります。

     今回の実証実験の概要は、以下の通りです。

    ・実施店舗:キッズーナ大宮店(埼玉県 さいたま市北区櫛引町2-574-1 イオン大宮店3階)
    ・営業時間:10時~19時(新型コロナウイルス感染症の影響により変更する場合があります)
    ・実施期間:2021年10月25日(月)~12月19日(日)予定
    ・参加費:無料(入場料などは別途発生します)

     イオンファンタジーとソニー・ミュージックソリューションズの両社は、今後もデジタル技術を活用した取り組みを積極的に導入していきます。そして時代のニーズ、顧客ニーズにマッチしたサービス展開を推進していきます。
    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向