市場動向

    2021.10.29

    パナソニックなど4社、顔認証を使って観光施設や交通機関の入場・決済を単純化

    パナソニックなどは2021年10月27日、富士五湖周辺エリアでMaaSの実証実験を開始することを発表しました。「手ぶら観光サービス」と呼ぶ実証実験を通じて、エリア内に点在する観光施設と交通機関の入場、決済を顔認証でシームレスに連携できるかを検証します。パナソニックのほか、パナソニック システムソリューションズ ジャパン、コネクティッドソリューションズ社、富士急行、ナビタイムジャパンが共同で実施します。

     実証実験では、観光客が一度の旅行でより多くの観光スポットを訪問することを目的に、顔認証と周遊eチケットを使って各観光施設と交通手段(周遊バス・鉄道)をシームレスにつなぎます。顔認証により紙のチケットやスマートフォンの提示が不要になるため、エリア全体のスムーズな移動が見込めます。回遊性が向上するほか、非接触による安心・安全な観光も両立できます。実証実験で蓄積したデータ(入場ログなど)を活用し、対象施設への利益配分を実現する地域観光モデルの構築も目指します。
    図1:「手ぶら観光サービス」実証実験の利用イメージと対...

    図1:「手ぶら観光サービス」実証実験の利用イメージと対象エリア

    図2:顔認証による施設利用のイメージ

    図2:顔認証による施設利用のイメージ

     実証実験を共同実施する各社の役割は次の通りです。
    パナソニック
    複数の観光施設・交通機関の利用や決済を共通のIDで顔認証利用できる統合ID管理機能、鉄道駅での顔認証改札、周遊eチケットのダイナミックプライシング、利用者の位置情報などに応じたレコメンド配信機能、各観光施設の混雑可視化機能の技術開発

    富士急行
    周遊eチケットの販売、富士五湖周辺エリアの対象観光施設や交通機関の運用、スマートフォン用アプリ「富士急ハイランド公式アプリ」に専用ページの作成および「富士五湖周遊モード」の実装

    ナビタイムジャパン
    旅程プランニング機能や、交通機関(周遊バス・鉄道)の経路検索機能、周遊バスの混雑可視化機能の技術開発

     周遊eチケット「富士五湖 顔認証デジタルパス」を利用できる対象期間は2021年11月1日(月)~12月31日(金)まで。利用期間はチケット購入時に指定した日とその翌日の2日間です。周遊eチケットを購入した人が、顔認証で入場できる観光施設は次の通りです。
    ・富士急ハイランド(FUJIYAMAタワー含む)※アトラクションも顔認証で乗車可能
    ・フジヤマミュージアム
    ・ふじやま温泉
    ・富士山パノラマロープウェイ
    ・河口湖遊覧船
    ・富岳風穴
    ・鳴沢氷穴
    ・忍野 しのびの里
    ・山中湖遊覧船


     顔認証で利用できる交通機関は次の通りです。利用期間である2日間は何度でも利用可能で、乗車代は周遊eチケット代金に含まれます。
    ・周遊バス(4路線)河口湖周遊バス(レッドライン)、西湖周遊バス(グリーンライン)、鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス(ブルーライン)、富士吉田・忍野・山中湖周遊バス(ふじっ湖号)
    ・富士急行線(鉄道5駅)河口湖駅~下吉田駅間


     顔認証で決済できる施設は次の通りです。
    ・富士急ハイランド内売店「SHOP FUJIYAMA」
    ・富士急ハイランド高速バスターミナル売店
    ・河口湖駅売店「Gateway Fujiyama」
    ・忍野しのびの里売店


     なお、周遊eチケット「富士五湖 顔認証デジタルパス」の価格は大人(中学生以上)が6300円から1万円、小人(小学生)が4600円から7300円です(ともに税込み)。ダイナミックプライシングにより変動します。周遊eチケットは「富士急ハイランド公式アプリ」の専用ページから購入できます。顔認証時に必要な顔の画像も登録できます。

     実証実験を進める4社は今後、実証実験の結果を活用し、さらなる観光消費・滞在時間の最大化に向けた地域観光モデルを構築する考えです。
    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向