市場動向

    2021.10.15

    NTTデータ先端技術、RPA管理機能などを強化した運用管理ソフトの新版

    NTTデータ先端技術は2021年10月14日、運用管理ソフトウエア「「Hinemos」の新版(ver.7.0)を発表しました。RPA導入環境の運用コスト減を図る管理機能などを追加しました。2022年3月より提供を開始します。

     「Hinemos」は、さまざまなITシステムの見える化や分析、自動化などを可能にするOSSの運用管理ソフトウエア。運用管理に必要なさまざまな機能をワンパッケージで提供することにより、ツールを組み合わせて運用管理する手間や複雑性、コスト増などの問題を解消します。
    図1:「Hinemos ver.7.0」の概要図

    図1:「Hinemos ver.7.0」の概要図

     新版では、運用の自動化や、全体最適、運用集約、コスト削減に寄与するための機能を中心に強化しました。主に次の3つを強化しています。

    ・メッセージフィルタ
     管理対象システムから発生する大量のメッセージに対し、不要なメッセージの抑制と関連メッセージを集約します。これにより、重要なイベントのみ抽出するなどのフィルタリングが可能です。運用自動化と運用無人化を促進するのに寄与します。

    ・SDML
     新たなアプリケーション監視の運用に、SDML(Software Defined Monitoring and Logging)を用意します。SDMLを使うことでソフトウエアがモニタリング(監視)とロギングを定義・制御し、監視設計せずにHinemosが自動でアプリケーションを監視します。なお、Javaアプリケーションのみ対象です。

    ・RPA管理
     RPA導入環境リポジトリ情報の自動構築、RPA処理をジョブフローに組み込むためのRPAシナリオ専用ジョブ、動作ログを用いたシナリオ動作実績の集計と稼働状況分析などが可能です。なお、今回の機能強化はver.6.2で提供を開始した「WinActor管理機能」の強化版で、管理可能なRPA製品として新たにUiPathを追加しました。

     提供形態はサブスクリプションで、機能の異なる3つのメニューを用意します。上位版となる「Premium」はメッセージフィルタや、インシデントを管理するHinemosインシデントダッシュボードなどの機能を備えます。ユーザー数は最大20人で、標準価格は180万円です。「Standard」は、メッセージフィルタやHinemosインシデントダッシュボードが非対応となるメニュー。ユーザー数は最大10人で、標準価格は120万円です。基本機能を備える下位版「Essential」は、「Standard」や「Premium」で標準装備のクラウドやVM管理機能が非対応となるメニュー。ユーザー数は最大6人で、標準価格は80万円です。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向